羽海野チカの人気コミックの実写化! 神木隆之介主演『3月のライオン』に隠された“危ういテーマ”とは?

おたぽる / 2017年3月19日 14時0分

写真

 TVアニメーションが昨日最終回を迎えた、羽海野チカ原作コミックの実写映画化『3月のライオン』2部作の公開がいよいよ始まった。将棋の世界を舞台に、17歳のプロ棋士・桐山零が世代もタイプも異なる様々なライバルたちと闘い、また隣町で暮らす川本家3姉妹と交流することで成長を遂げていく青春ストーリーだ。主人公・桐山零に『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14年)、『バクマン。』(15年)の神木隆之介、さらに染谷将太、高橋一生、伊藤英明、加瀬亮……と人気俳優をキャスティング。自分の居場所を確保するために全力で闘わなくてはならない主人公たちのヒリヒリする葛藤が描かれ、将棋に興味がない人でも大いに共感できるドラマに仕上がっている。

 豪華キャストを束ねて本作を撮り上げたのは『るろうに剣心』シリーズを大ヒットさせた大友啓史監督。アニメ&実写版『ハチミツとクローバー』や羽海野がキャラクターデザインで参加した『東のエデン』などの実績のあるアスミック・エースがNHKを退職した直後の大友監督に打診し、『るろうに剣心』シリーズが完結した2014年ごろから本格的に始動。『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』で瀬田宗次郎役を好演した神木を主役に起用した形となった。大友監督いわく「『るろうに剣心』を撮り終え、まだ神木隆之介のすべてを撮り切っていないように感じた」ことが起用理由だった。なるほど、剣術では天才的な強さを誇るものの、内面の脆さを抱える瀬田宗次郎は、『3月のライオン』の桐山零とどこか通じるものを感じさせる。

 子どもの頃から大人の俳優たちに交じって仕事をしてきた神木自身のプロフィールも、幼い頃から将棋を差し続けてきた桐山零の境遇と重なる。2歳からタレント活動を開始したキャリア充分な神木だが、今回は将棋盤を挟んで、豊川悦司、伊藤英明、佐々木蔵之介、加瀬亮といった演技スタイルの異なる実力派俳優たちと視殺戦を繰り広げることになる。森義隆監督の『聖の青春』(16年)ではギミックを排した、ストイックなまでの長回しで松山ケンイチと東出昌大の対局シーンが描かれただけに、『3月のライオン』はCGを多用した派手な絵づくりになるのだろうと思いきや、こちらもゴツゴツとした男臭い闘いの連続となっている。もともと大友監督はNHK時代に経済界を舞台に男たちの闘いを描いた『ハゲタカ』(07年)でブレイクし、『るろうに剣心』シリーズではキャスト本人に極力アクションをやらせた人。CGに頼らずに、俳優たちの潜在能力を引き出そうとするオーソドックスな演出が今回も功を奏したと言えそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング