コスプレ、アニメ系イベントも多発! 愛知県でオリジナルキャラクターが続々爆誕中!!

おたぽる / 2014年6月16日 12時0分

写真

 6月10日より愛知県半田市のNPO法人「エンドゴール」が、マンガ『ちたコミ』のネット配信を開始した。この『ちたコミ』は、知多半島のご当地キャラクター『知多娘。』を通じて、地域振興を図る目的で制作されている。

 愛知県では2003年から名古屋市などで開催されている「世界コスプレサミット」があり、05年の中部国際空港(セントレア)開港などで規模が拡大してきている。空港の開港と同じく05年には、愛知万博こと2005年日本国際博覧会「愛・地球博」が開催され、『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」や、パビリオン「夢みる山」のテーマシアター「めざめの方舟」の総合演出を押井守監督が手がけたことなどを覚えている人も多いだろう。

 09年には、スタジオジブリが豊田市のトヨタ自動車本社内に「西ジブリ」を開設したことも話題となった。これは2年間限定でアニメーターを育成、並びに三鷹の森ジブリ美術館で上映する短編を制作するというプロジェクトであった(実際の期間は1年4ヶ月だった)。一方、同じく09年にはNPO「田園社会プロジェクト」が環境教育教材として制作した冊子「最終戦略バイオスフィア」用に、県在住のマンガ家・鳥山明さんによる『おいしい島のウーさま』を掲載した。今年は愛西市農畜産業振興会が制作した学習教材「アグリぐるぐるスクール」にも掲載となるなど、県内での活用が広がっている。

 冒頭の『知多娘。』は、「エンドゴール」が09年に"ニートの就職支援事業PR"キャラクターを作ったところに端を発し、その後半田市などをキャラクター化することから始まっている。また刈谷市には10年より開催されていたコスプレイベントを発展させた「刈谷アニメCollection」がある。そして今年は西尾市がマンガ『ニシオノ』をネット配信し、名古屋市と名古屋学院大学による「プロジェクト758」が始まっている。

 マンガ『ニシオノ』は西尾市に住む17歳の少年少女たちが繰り広げる青春ファンタジーを描いた作品で、キャラクターの声を声優の代永翼と櫻井孝宏が担当することが決まっている。「プロジェクト758」は、学生視点で見た地域の史跡・施設の特徴・魅力をプロの声優やイラストレーターがキャラクター化するプロジェクトで、キャラクターの1人「莱まひつ」の声を洲崎綾が担当することなどが徐々に明かされていっている。さらに愛知県全域を対象として、11年から開催されている「愛知ぽぷかる聖地化計画(ぽぷかる)」もある。今回は県在住のイラストレーター・岸田メルさんが、キャンペーンガールの衣装デザインを担当していることでも注目されている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング