ワイルドな洋ゲーが盛り上がる中、日本メーカーの景気はあまりよくない?【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年6月23日 23時59分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかる本日のゲームニュース!

 今年の夏はホラーゲームの恐怖で涼むのも良いが、逆に魂が震えるワイルドな洋ゲーの熱さで暑気払いするのも乙なものだ!

 6月26日に、ユービーアイソフト株式会社からPlayStation 4(以下、PS4)/PlayStation 3/Xbox 360/Windows向けアクションゲーム『ウォッチドッグス』がリリースされるということで、発売直前の本日にローンチトレイラーが公開された。本作は、すべてがシステム管理された近未来電脳都市となったシカゴを舞台に、表向きはエンジニアながら裏では巧みにハッキング技術を使いこなすフィクサー(請負人)という主人公・エイデンが、自分の技術と人脈を頼りに姪を殺した者の正体を暴き復讐する物語だ。

 本作では、姪の死の真相を暴く過程で施設への侵入が求められる事もあり、大胆に真正面から乗り込む以外にも、ハッキング技術を活かしてこっそり調査を進めたりと、自分好みのプレイスタイルでゲームを進めることが可能。またゲームのメインシナリオを進める以外に、サブシナリオを進めることでストーリーも分岐していくなど、自分の生き様がそのままゲームプレイに影響するのだ。

 今回、公開されたトレイラーでは、舞台となる近未来のシカゴを大まかに把握することができると共に、警察に追われる主人公がハッキング技術の一部を駆使して逃げ切る姿を垣間見ることができる。ゲーム本編への期待感高まる最新映像に今すぐアクセスしてみよう!

 また、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントから、今年の2月にリリースされたPS4専用FPS(一人称視点シューティング)『KILLZONE SHADOW FALL』のダウンロードコンテンツ(以下、DLC)も、同じく26日に配信されるという情報が公式サイトにアップされた。

 今回配信されるDLC「INTERCEPT」は、チームワークが試されるオンライン専用Co-op(協力プレイ)用ゲームだ。本DLCをプレイするには当然のことながらゲームソフト本体が必要となるが、なんと8月7日にはソフトを持っていなくても「INTERCEPT」をプレイ可能なスタンドアロン版が配信される。価格も2000円(税抜)というお手頃価格なので「以前から『KILLZONE』シリーズに興味を持っていたけど、まだプレイしたことがない」という人は、この機会にプレイしてみてはいかがだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング