人気サッカーゲームがW杯キャンペーンを実施! 思わぬ非難の声が...【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年6月25日 23時30分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかる本日のゲームニュース!

 本日、株式会社ソニーが提供しているオンラインストア「Sony Entertainment Networkオンラインストア」にて、非常に悪いタイミングで"とあるキャンペーン"が開始され、話題となった。

 そのキャンペーンとは、株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、コナミ)がリリースしている人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン』シリーズの最新作であるPlayStation 3/PlayStation Vita/PlayStation Potable版『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦』の価格が50%引きとなるキャンペーンだ。

 FIFAワールドカップの日本代表応援タイムセールとして行われている今回のキャンペーンは、本日午前10時から明日26日の午前10時まで24時間の期間限定企画。一見すれば、ワールドカップに乗じた普通のキャンペーンだが、問題はキャンペーンが開始した本日10時の時点で、日本が本日5時(日本時間)に行われたコロンビア戦の試合に敗退し、応援をしようにもグループリーグ敗退が決定してしまっていた。

 今回のキャンペーンは、プレイステーション公式Twitter(@PlayStation_jp)から発表されたもので、Twitter上では今回のキャンペーンに対して、怒りを示すユーザーだけでなく、キャンペーンに困惑しつつもセールを喜ぶ冷静なユーザーも多く見受けられた。もともとコナミは、日本代表の逆転勝利を予想して応援キャンペーンを準備していたかと思われるが、今回の結果を受けて変更する時間もなかったのだろう。結果的になんとも気まずいタイミングでのキャンペーン開始となってしまった。

 本来、望んでいた方向とは別方向に炎上する形で話題になってしまったが、唯一の救いは多数のユーザーが「セールはセールとして」喜んだという事実。キャンペーン名もすでに「PSストア サッカー日本代表ありがとう!セール」に変更されたので、みんなでサムライジャパンの健闘を称えつつ、ゲームを楽しんでみてはいかがだろうか。

 また、本日、任天堂株式会社(以下、任天堂)の公式サイトにて「2015年3月期 第1四半期 決算発表予定日」を掲載され、決算発表は来月7月30日に行われることが明らかになった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング