回想シーンの多さと唐突なサービスシーンに視聴者ブーイング? 盛り返しに期待したい『M3~ソノ黒キ鋼~』

おたぽる / 2014年7月10日 3時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『M3~ソノ黒キ鋼~』
第12話「二人ヲ繋グモノ」

【今週の極私的見どころ!】
 回を重ねるごとに、夏入(CV:飛田展男)の"ヘンタイ度"が増している気がします。もっと見るべきシーンがあるはずですが、一瞬しか出てこなかった夏入に、第12話の全部を持っていかれた気分です。大量の蜂蜜を少量のお湯で溶かしただけの飲み物(?)を嬉しそうに飲んでいた彼。適度な運動などしているはずもありませんし、糖尿病予備軍決定ですね(笑)。

【今週のおすすめ度】
★★☆☆☆

 伊削ヘイト(CV:村瀬歩)とマヴェス・セーヴルを回収するため、三度目の正直とばかりに無明領域へ足を踏み入れた鷺沼アカシ(CV:松岡禎丞)。しかし頭にあるのは出羽ササメ(CV:小岩井ことり)を守るため、躯を倒すことだけのようです。ササメもまた、一晩抱きしめていたアカシのぬくもりが体に残っているようだと思いながら、無明領域の外からアカシの無事を祈っていました。

 出だしから、視聴者は「目的はヘイトとセーヴルの奪還じゃないんかいww」「もう少し仲間のための正義感持ってよ。主人公」「そもそもこの2人が恋に落ちるほど仲良かったようには見えなかった」とアカシたちの突然の恋愛モードに戸惑っている様子。前回のラストで、アージェント出動を控えていたアカシは阿倉カサネ(CV:前田愛)に「今回はヘイトとセーヴルを奪還しに行くだけですよ。躯は後だ」的なことを断言していましたが、全然言っていることが違いますね。はなから"打倒躯"しか眼中にない突っ走りようです。

 ともあれ、本部との通信が途切れても果敢に無明領域の探索を続けるアカシの前に、まるで彼を待ち構えていたかのように躯が現れました。時同じくして、無明領域の外で待機していたササメと真木ミナシ(CV:柿原徹也)は、アカシが躯と戦闘中であることを感じ取ります。なんとか戦闘回避するようアカシとの通信を試みる司令官・須崎(CV:井上麻里奈)でしたが、電波障害の著しい無明領域内で通信は不可能。八方ふさがりの作戦に、ガルグイユ・メンバーは霞ライカ(CV:矢作紗友里)と波戸イワト(CV:前野智昭)以外一旦寮に帰され、アカシと連絡が取れないまま丸2日が過ぎました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング