“BiSという物語“の終焉 3時間半、全49曲ノンストップライブ!【BiS解散ライブレポ2】

おたぽる / 2014年7月11日 21時0分

写真

 7月8日に、BiSの集大成となる『BiS解散LIVE「BiSなりの武道館」』が、横浜アリーナで行われた。

 オープニングの曲は、BiSの代表曲「nerve」。現在のメンバー、プー・ルイ、ヒラノノゾミ、カミヤサキ、テンテンコ、ファーストサマーウイカ、コショージメグミの6人に、ヨコヤマリナ、ナカヤマユキコ、ミチバヤシリオの3人の歴代メンバーも登場。残念ながら、現在は寺嶋由芙として活動しているテラシマユフ、ワキサカユリカ、終身名誉メンバーのJKの姿は見られなかったが、いきなりのサプライズに、会場はまるでこれが最後の曲かのように、大盛り上がり。会場を埋め尽くす研究員(BiSのファン)たちは、一同に両腕と片足を挙げて体を後ろに反らす"エヴィゾリ"の振り付けで、のっけから踊りまくる。

 曲が終わり、メンバーがはけると、早速、研究員からアンコールの声が。「nerve」→メンバーがはける→アンコールの流れは、2012年7月29日に行われた大阪ワンマンライブ「Be my BiS」を思い出させてくれる。その時のライブは、「nerve」を4回連続で歌うだけで、もしアンコールがなければ、ライブがそこで終わっていたという衝撃的な内容だった。

 メンバーがステージから去った後に登場したのは、なぜかマネージャーの渡辺淳之介とサウンドプロデューサーの松隈ケンタ。2人は研究員に足踏みと手拍子を求める。「ちゃんとやらないと終わらないよ〜」と煽るも、なかなか揃わず。どうやら、会場が広すぎて揃わないようだ。想定外の事態だったが、2人はそのまま足踏みと手拍子に合わせ、ロックバンド、QUEENの「We Will Rock You」を歌いだし、会場も大合唱を始める。これから始まるBiSのライブの演出かと期待を高めるも、なんと2人が気持ち良さそうに歌っただけでコーナー(?)は終了。

 何をしたかったのかと研究員たちが疑問に思う中、続いてスクリーンにVTRが流れる。メンバー紹介とともに、「ここで死にましょう」(プー・ルイ)、「楽しい、100%のライブをしたいです」(ヒラノノゾミ)、「星になる」(カミヤサキ)、「出来ない!そんなモノは無いんだ!!!」(テンテンコ)、「準備はよろしいですか?」(ファーストサマーウイカ)、「\へーっくし/」(コショージメグミ)と、メンバーからのメッセージが映し出され、いよいよライブ本編がスタートした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング