“生トロ“に会える! 『どこでもいっしょ』シリーズが誕生15周年を記念しイベントを開催【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年7月11日 23時0分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントは、『どこでもいっしょ』シリーズが誕生15周年を迎えることを記念して、記念イベント『「どこでもいっしょ」15周年記念展 With トロのおみせ-プレイステーションのグッズもいっしょ-』の開催を発表した。

 今回の記念イベントは大阪・日本橋、東京・秋葉原、愛知・名古屋の3ヵ所で行われ、全開場とも入場無料となっている。会場では『どこでもいっしょ』シリーズの名シーンのカットや手書きイラスト、設定資料などの展示会や、キャラクターイベントとしてトロが会場に遊びに来る「生トロ 記念撮影会」が催される。撮影会に参加するには、物販コーナーでプレイステーション関連グッズを購入した人に配布される整理券が必要とのこと。

 また、会場に併設される物販コーナー「トロのおみせ」には、『どこでもいっしょ』のイベント先行販売グッズが多数登場のほか、「torne(トルネ)」公式キャラクター「トルネフ」、『ソウル・サクリファイス デルタ』、『フリーダムウォーズ』、『俺の屍を越えて行け2』などのグッズも販売される予定だ。『どこでもいっしょ』のファンだけでなく、初めて『どこでもいっしょ』にふれるという人も楽しめる内容となっているそうなので、友達や家族と一緒に気軽に楽しんでみるのもいいだろう。

 一方、Steamで配信されているビジュアルノベルゲーム『Sakura Spirit』が、国産のビジュアルノベルゲームと遜色ないと、現在、ネット上で大きな話題を呼んでいる。

 本作は、海外の開発スタジオWinged Cloudが制作したタイトルで、異世界に飛ばされた主人公が、その先々で美少女達たちに出会うといったオーソドックスなシナリオ。さらに裸エプロンシーンや、全裸でのスライム攻め、濡れた着衣で肌がスケスケなどのツボを押さえたお色気シーンや、選択肢は終盤に2か所あるのみなど日本の美少女ゲームのフォーマットにのっとった王道の内容となっている。

 早くもSteamの売上ランキング10位以内にランクイン(7月11日15時現在)しており、特にCGイラストのクオリティの高さが評価されている。あまりのクオリティの高さに、「日本人が制作した物を海外にリリースしているだけなのでは?」といった声もあるが、その真偽は今のところ不明である。

 現在は英語版のみの展開だが、日本語版の制作も進めているそうなので、英語が苦手という人は日本語版のリリースを待とう。

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイトは以下より
・どこでもいっしょ.com 「どこでもいっしょ」15周年記念展 with トロのおみせ -プレイステーションのグッズもいっしょ-
http://www.jp.playstation.com/dokodemoissyo/info/dokoitsu15th_event.html
・Steam 『Sakura Spirit』ストアページ
http://store.steampowered.com/app/313740

おたぽる

トピックスRSS

ランキング