春アニメ総括!『WIXOSS』の無限少女に課せられる契約は『まど☆マギ』以上の残酷さ...マリーから虚淵玄への返答とは?

おたぽる / 2014年7月16日 19時0分

写真

――この連載は、30代後半から萌えアニメにはまったアラフォー(44)ライターが、萌えアニメについて気持ち悪く語り倒す誰得コンテンツです。分析・評論的なことは一切書きません!

いよいよ夏アニメもはじまりましたが、今年の春アニメは本当に豊作でした。『ソウルイーターノット!』については前回書いたので、今回はほかに気に入った2作について書こうと思います。

 まずは『selector infected WIXOSS』。この作品はタカラトミーから発売されている美少女トレーディングカードゲーム『WIXOSS-ウィクロス-』の、いわゆるタイアップ作品です。アニメ『遊戯王』みたいなものですね。

 オープニングを見た限りでは、女子高生プレイヤーがカードゲームで戦うジャンプ的努力・友情・正義なお話しかと思ってしまいますが、フタを開けてみればキャラクターデザイン(『苺ましまろ』『桜Trick』の坂井久太氏)こそかわいいものの、ストーリーはシリアスそのもの。間違ってもハッピーエンドは迎えないであろう終始漂う不穏な空気感は、1話にして尋常ではありません。さすがマリー!と快哉を叫びました。

 あ、この「マリー」とは、本作でシリーズ構成と脚本を務める岡田麿里氏の愛称です。『こどものじかん』『とらドラ!』『絶園のテンペスト』『さくら荘のペットな彼女』など、どこか居心地の悪くなるヒリヒリしたドラマを書かせれば業界一だと僕は思っています。

 物語は、主人公のるう子(CV:加隈亜衣)が、とあるきっかけで「WIXOSS」のカードデッキを手に入れることからはじまります。実はそのデッキには「ルリグカード」と呼ばれるカード内のキャラクター(ルリグ)が人格を持って話しだす特殊なカードが含まれており、このカードを手にした少女たちは「セレクター」と呼ばれ、普通の人には見えない特殊なフィールドでカードバトルを行っていることがわかります。

 予想通り、回が進むに連れ「ぜんぜん販促になってないじゃないか、メーカーから怒られないのかな?」と余計な心配をしてしまうくらいキツい展開が続きます。

 「セレクター」となった少女はバトルに勝ち続けることによって、胸に秘めた願いをかなえることのできる「夢限少女」になれるのですが、3敗すると資格を失うばかりか、願いが反対の方向に働き、回復できないほどのダメージ(友だちがほしいと願った少女がせっかくできた友だちの記憶を失い孤立したり、モデル志望の少女の顔に大きな傷がついたりします)を受けるという地獄設定なのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング