舞台は艶町!? 日本一ソフトウェアが挑戦的な新作『大江戸BlackSmith』を発表【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年7月31日 23時30分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 株式会社日本一ソフトウェア(以下、日本一ソフトウェア)は本日、PlayStation Storeにて配信中のPlayStation 3/PlayStation Vita/PlayStation Portable(以下、PS3/PS Vita/PSP)向けダウンロード版タイトル17本の価格改定を実施した。

『一柳和の受難』シリーズ、『ラ・ピュセル†ラグナロック』『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』『プリニー2~特攻遊戯! 暁のパンツ大作戦ッス!!』『MISSINGPARTS the TANTEI stories Complete』『ファントム・ブレイブ PORTABLE』『ファントム・キングダム PORTABLE』など、13本のPSPタイトルが一律2263円に。そして、PS Vitaでリリースされた『特殊報道部』が3600円に。PS3タイトルの『迷宮塔路レガシスタ』『Z/X 絶界の聖戦』『魔界戦記ディスガイア4 フーカ&デスコ編はじめました』の3本が一律3086円(以上、すべて税込)となった。

 日本一ソフトウェアといえば、『魔界戦記ディスガイア』シリーズや『ファントム・ブレイブ』などのやり込み系シミュレーションRPGが印象的だが、子会社である株式会社システムプリズマが制作したアクションRPG『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』や、同社との付き合いが長い株式会社フォグが制作した『一柳和の受難』シリーズ、『MISSINGPARTS the TANTEI stories Complete』のような硬派なアドベンチャーゲームを世に送り出したパブリッシャーでもある。

 知る人ぞ知る、というタイトルも少なくはないが、いずれも良作なので「日本一ソフトウェアのゲームは『魔界戦記ディスガイア』シリーズしかプレイしたことがない」という人は、ぜひこの機会にさまざまなタイトルに触れてみてはいかがだろうか。

 また、日本一ソフトウェアはPS Vita向けタイトル『大江戸BlackSmith』の公式サイトを本日よりオープンした。これまでに数多くの挑戦的なテーマを送り出してきた日本一ソフトウェアだが、本作のジャンルは「女と金のシミュレーション」ということで一際挑戦的な大人の愛がテーマとなるようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング