HELLHOUND新譜リリースインタビュー!徹頭徹尾オールドスクール・メタル!!「老害と言われようと、誰かが続けなくてはならない。その決意表明だ」

おたぽる / 2018年8月4日 19時0分

写真

 徹頭徹尾“M・E・T・A・L”な4人組、HELLHOUNDがニュー・アルバムをリリース! ドラマー交代後、初作品となるその『THE OATH OF ALLEGIANCE TO THE KINGS OF HEAVY METAL』は、'02年結成の彼等にとって通算4枚目のフル・アルバムとなる。例によって、世のトレンドなど全くお構いなし──全編にオールドスクールなメタルの王道が貫き通され、それでいて過去最高に多彩な仕上がりとなった新作について、金切りハイ・トーンの絶対的フロントマン、Crossfireにガッツリ暑苦しく語りまくってもらった…!!

──まずは、ドラマーの交代について。DragonblasterはどうしてHELLHOUNDから脱退したのですか?

Crossfire(以下CF):まぁ簡単に言えば、モチベーションやバイオリズムの波長が、バンドの活動と上手くリンクしなくなってしまった……ってトコかな。当然ながら俺達にも、音楽以外の生活や人生、環境というモノがあって、それらとウマく折り合いを付けながら、これまで一緒にやってきたんだが、それが機能しなくなったのさ。

 バンド活動ってのにはタイミングがあって、それを逃すと、全てが終わってしまう危険もある。本来なら、全てが整うまで待てればイイんだけど、今回はそうもいかなかった……ってことだな。

──後任のMountain Kingは、どんなキッカケでHELLHOUNDに加わることに?

CF:彼はこれまでにも、Dragonblasterが不在の時、ライヴやリハーサルでバンドをサポートしてくれていてね。言わば“第5のメンバー”的な存在だったんだ。だから、HELLHOUNDの持つヴァイブやフィーリングを最も理解してくれている彼にオファーするのは、必然かつ自然な流れだったよ。HELLHOUNDのドラマーとして求められるのは、ただひとつ──何よりもHEAVY METALを愛するスピリット。

 当然、技術的な面でクリアしなければならないレヴェルはあるけど、それがなくては始まらないよ。今どき、ただ黙って正確にビートを刻むだけなら、機械にだって出来るだろ? ちょこまかと小賢しいテクニックも必要ない。必要なのは、バンドの強力なバッテリーとなって俺達のケツを蹴り上げてくれるパワーとフィーリングさ。その点、Mountain Kingは最高な男だ。もちろん、テクニックも素晴らしいけどね!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング