『バイオショック』 iOS版が今夏海外で配信されることに Xbox360版との比較動画が公開中【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年8月5日 23時59分

写真

――毎日発表されるゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 8月4日、2K Gamesは同社のFPSアクションRPG『バイオショック』をiPhone/iPadに移植することを発表した。『バイオショック』は1960年のアメリカが舞台で、ゲーム内には当時の人が思い描いたであろう未来的な技術やデザインが散りばめられた、いわゆる「レトロフューチャー」な世界観を持つゲームだ。最初は2007年、アメリカ、ヨーロッパでXbox360版、PC版が発売された本作は(日本国内版は2008年発売)、その独特な世界観と優れたストーリーで、2007年度の英国アカデミーゲーム賞のほか、さまざまな賞を獲得している。

 今回リリースされるiPhone/iPad版では、原作に比べるとグラフィックの描写は簡略化されているが、雰囲気を損なわないようなアレンジが施されている。画質についてはIGNがiOS版とXbox360版の比較動画を出しているので、気になる人はそちらで確認して欲しい。また、操作はタッチパネルに最適化された物になっており、別途ゲームパッドを用意することで原作と全く同じ操作感でゲームをプレイすることができる。

 アーケードやコンシューマでヒットしたゲームが、モバイル版に移植されることは多々あるが、今回のようにXbox360やPS3などのハイスペックゲームマシンからゲームプレイを制限しない形でモバイルへ移植される例はあまりほかにはない。海外では今夏に配信される予定だが、日本向けに配信されるかはまだ未定なので、続報を待ちたい。

『バイオショック』を例に挙げるまでもなく、過去の名作ゲームが移植によって再評価されることの多くなった昨今だが、ソーシャルネットワークゲームを手がける株式会社ポケラボは、逆に過去の名作ゲームが好きなユーザーを狙い撃ちするキャンペーンを打ち出してきた。同社は本日より、iOS/Android用ゲーム『クロスサマナー』の事前登録キャンペーンとして、「ファミコン世代集まれ!懐かしの裏ワザ入力キャンペーン」を開始した。

『クロスサマナー』は2Dドットで描かれたキャラクターたちが画面を縦横無尽に動きまわるバトルアニメが魅力的なアクションRPGだ。今回のキャンペーンでは、かつて流行したファミコンやスーパーファミコンの裏ワザコマンドを入力することで、『クロスサマナー』で使用できるさまざまな特典を取得できる。裏ワザは、マニアックさ加減によってLV.1からLV.5まで分類され、よりマニアックな裏技を入力すればより良い特典が得られるそうだ。なんとも、往年からのゲームファンとしては興味をひかれるキャンペーンである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング