30才の男が15才の女の子に夢中になった BABYMETALの“メタル・レジスタンス“を追う

おたぽる / 2014年8月7日 20時0分

写真

【〜私は如何にして心配するのを止めてYUIMETALを愛するようになったか〜 第1章】

 アイドルに全く興味なかった。
なのにどうして、私のカバンにはYUIMETALのキーホルダーがぶら下がっているのか。これは、BABYMETALに身を捧げた30才独身男の"参戦"の記録である。

■「BABYMETAL その振り幅は生と死レベル」

 気持ち悪いことなのでしょうか。30才の男が15才の女の子に夢中になるのは。

「いや、ヤバいよ」と友人に心配される。
 そして尋ねられる。
「なんか最近ベイビーメタルにハマりすぎてるけど大丈夫?(笑)」
 三点指摘したい。
・大丈夫である
・ベイビーメタルじゃなくて"ベビーメタル"である
・(笑)って笑い事じゃないのである

 今までに観たことのない世界に触れた時、偶然目の前にいたのがベイビーメタルじゃなくてベビーメタルだった。その時の気分は大丈夫だったが、実際は確かに大丈夫ではなかった。なぜなら笑い事じゃ済まされない、マジでヤバい光景が広がっていたからだ。

 客席では人々が全速力で身体をぶつけ合い、ステージでは当時13才の女の子2人が全速力でステージを端から端まで駆け抜ける。真ん中にいるのは一体どこから来たのか何から生まれたのか、恐ろしいくらいの歌唱力を持つ女の子1人。

「なんじゃこりゃ。」
 物凄い世界だった。忘れもしない、昨年2月。知人に誘われて軽い気持ちで観に行ったZepp Tokyoのワンマンライブで度肝を抜かされた。「衝撃」という言葉はこの日のために取っておきたかった。最初は舐めていた。心配する友人のように甘く見ていた。しかし、彼女たちは自身の幼さに甘えていない。
「We are BABYMETAL!」「See You!」
 基本、歌以外で発されるのはこの二言のみ。悩みも葛藤も見せない。言葉を一切発さずに物凄い結果だけを残し、その場を去っていく。

 かわいい。かっこいい。とんでもない。
 ときめきと憧れと驚きの三拍子を揃えた完璧なエンターテイメント。年齢を半分に叩き割った歳の女の子に夢中になるのは、おかしいことなのだろうか。とにかく熱い。生温さなんてどこにもない世界。その女の子、YUIMETALは私のくだらない葛藤をぶった斬る。

 BABYMETALはYouTube、Facebookなどインターネットでその魅力が瞬く間に世界中に広まった。アイドルグループ・さくら学院から派生したユニットの一つ、"重音部"としてスタートしたその部活動は県大会、全国大会を軽く飛び越えて、すでに"世界大会"に出場している。iTunesで世界各国のロック/メタルチャートで1位を獲得し、アメリカでCDアルバムを発売していないのにもかかわらず、配信のみでBillboard 200に名前が挙った。ここにランクインしたのは日本人アーティストでは2000年以降、宇多田ヒカルとDIR EN GRAYとBABYMETALのみ。今年から"メタル・レジスタンス 第二章"と称し、ワールドツアーを実施。すでにフランス、ドイツ、イギリスで成功を収めている。アメリカのLAでのワンマンライブは1分でチケットがソールドアウト。オークションで800ドル(約8万円)に高騰するなど、海外での人気ぶりは留まることを知らない。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング