「smart」が乙女ゲームと異色のコラボ!?  オタクブームに乗りつつも“あるこだわり“を見せる宝島社

おたぽる / 2014年8月12日 16時0分

写真

 11日に発売された「Rejet × smart」。その名の通り、男性ファッション誌「smart」(ともに宝島社)が乙女ゲーム制作会社・Rejetとコラボレーションした一冊だ。表紙には『DIABOLIK LOVERS』の逆巻アヤト、シュウ、スバルがいつもの学生服姿とは違う、カジュアルな私服姿で登場しているように、本誌は「乙女ゲームのキャラクターと"現実の日常"でデートをするとしたら、彼らはどんな服を着るのかどうか、出演声優も巻き込んで今どきっぽくコーディネートした」というもの。「smart」は、これまでにも『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイが本誌の表紙を飾ったり、また別冊ムックという形で『TIGER & BUNNY』ともコラボをしてきたが、今回のRejetといった、乙女ゲームとタッグを組むのは初めて。そんな"異色"コラボが実現した「Rejet × smart」の中身は一体どのようなものなのだろうか?

 ページを開いてみると、巻頭から50ページほどは、『MARGINAL#4』などに出演している声優・KENNを筆頭に、Rejet作品に出演している声優たちのファッショングラビアを展開。その中で、声優たちは基本的にスタイリストが用意した服を着ているのだが、高橋直純だけは「すべて本人私物」のコーディネートをみせている。よく見ると、その衣装協力をしている株式会社KINCSは、高橋直純とたびたびコラボ商品を発売しているブランドのgoukを展開しているアパレル会社。そんな大人の事情(!?)も感じさせつつ、本誌中には声優たちインタビューなどといったものは一切なく、グラビアメインでファッションを見せるページ展開をしていた。

 そして、「惚れさせコーデ ガチンコ BATTLE」という特集では、『LIP ON MY PRINCE』や、『ドットカレシ -We're 8bit Lovers!-』などといったRejet作品のキャラクターたちの私服コーディネートを紹介。掲載されているイラストは、今回のために各作品の描き手たちが書き下ろしたもので、いつもの制服やスーツ姿の時とはまた違った印象を受ける。そのほかにも、『ZEPHYR』がファッションブランドのBEAMSとコラボをして、キャラクターたちがBEAMSの秋の新作ウェアを着こなすという特集が見られた。モデルは二次元のキャラクターたちだが、コーディネートごとにファッションポイントが書かれていたり、またアイテムごとの金額が記載されているなど、ファッション誌である要素をところどころ見せていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング