とにかく子供に優しい作りだった! 娘と堪能した「AKB48グループ夏祭り」レポート

おたぽる / 2014年8月17日 19時0分

写真

ーー子供ができてもアイドルの現場を楽しみたい! 育児とオタ活動、両立のススメ。

 屋上とか店頭といった野外イベントの日差しがキツくなってきたこの季節、幕張メッセで3日間行われた「AKB48グループ夏祭り」に娘さん(3歳)と行ってきました。1週間前に「TOKYO IDOL FESTIVAL」でガンガンに焼けただけに、屋内イベントはありがたいですね。しかも本当に"祭り感"があって親子で楽しめる良いイベントでした。と、いうことで、今回は子連れ視点でのイベントレポートをお送りします。

 さて、アイドルファンの方でも「AKB48はちょっと......」という方も多いかと思いますので、まずは知らない方のために、今回の「夏祭り」について説明しておきましょう。グループとしても今回初となる形のイベントで、従来通りの握手会もやりつつ、別ブロックではメンバーによるライブ・イベント、さらにメンバーが参加する縁日など、これまでの「ライブハウスクラスのアイドルに比べると、握手会のみとか事前購入とかちょっと寄りづらいAKB48」の印象をガラッと変える(この3日間だけですが)もの。詳しくは拙ブログ(http://otb.hatenablog.jp/entry/2014/08/12/004043)にちょいとまとめてみたので、お暇な方はぜひっ。

 8月8日(金)から10(日)の3日間行われた中で、娘さんと行ったのは初日となる金曜日。平日とあって、親子率高め・夏休みの中高生率高めとゆるい雰囲気。2日目もひとりで行ったんですが、やっぱコアなアイドルファン率増すと空気が殺伐となってきますからね......。

 縁日イベントや人気メンバーのライブには握手券が必要となるこのイベントですが、無料イベントも多いのがありがたい。まずは最若手チームである"会いに行くアイドル"チーム8のライブへ。とりあえずは娘さんにとっては生AKB。聴けたのが新曲『47の素敵な街へ』『心のプラカード』というのもあって、娘さんもノッて踊り出すとかはなかったけど、サイリウムの海と踊る女の子たちをぼーっとした顔で見てました。テレビで見てた世界が目の前にある不思議さ、なんですかね。

 続いて行ったのは「なりきりAKB」ブース。こちらは本物の衣装部が製作したAKB48のコスチュームが着れて、ヘアメイクがしてもらえるというコーナー。しかも対応してくれるのは本物の衣装&メイクスタッフ。それが無料!(ただし小学生以下の女子のみ)プロカメラマンに撮ってもらうとそれなりのお金がかかりますが、自前の携帯やカメラで撮る分にはタダ。太っ腹ー! 

おたぽる

トピックスRSS

ランキング