“カワイイ“寿美菜子に、期待の新星・雨宮天など...華やかさが際立つ「声優グランプリ」

おたぽる / 2014年8月25日 9時0分

写真

――昨今の声優人気に伴い、気がつけば声優専門誌も定期・不定期を合わせて10誌以上が刊行されている。そんな"声優誌 群雄割拠"の時代にあって、各誌はどのような記事・企画をとりあげているのだろうか? 主要な声優誌を中心に、目玉記事や気になる企画などを紹介しつつ、各誌の特徴を分析していく――

■「声優グランプリ」2014年9月号
出版社...主婦の友インフォス情報社
発売日...8月9日(毎月10日発売)※日曜日の場合は前日発売
価格......1167円+税
創刊......1994年

「声優グランプリ」(以下、声グラ)今月号の表紙&巻頭特集はアニメ『少年ハリウッド』で主演を務める男性声優5人(逢坂良太、小野賢章、山下大輝、柿原徹也、蒼井翔太)。『少年ハリウッド』のタイトルロゴに合わせ、表紙の「声優グランプリ」の文字色もカラフルに。巻頭特集でも、声優陣が各キャラクターのイメージカラーに合わせた衣装で登場し、あたかも若手アイドルユニットのような華やかな誌面となっている。

 ちなみに「声グラ」は、表紙をめくって1、2ページ目に広告、3ページ目に目次と続き、4ページ目から巻頭特集が始まるのが基本構成。しかし今月は巻頭に広告枠が2ページ追加されており、ドワンゴクリエイティブスクール(DCS)の見開き広告がドーンと掲載されている。この広告ではDCSで副校長を務めるアーティスト・奥井雅美が全面に出ているのだが、このインパクトがすごかった。雑誌広告は1/4ページや1/8ページなどの小さい枠だとなかなか目に入らないのだが、やはりこれだけ大きな枠だと記憶に残る。

 さて今月、本誌で目についたのは、寿美菜子の1ページ連載「MINAKO×MUSEUM」。毎回、ひとつの花や動物をテーマに取り上げ、そのイメージに合った衣装や髪型で登場するのだが、今月のテーマ「トイプードル」でクルクルの髪型を披露した彼女が非常にカワイイのだ。整った容姿からか、10代の頃から髪を下ろした彼女には実年齢以上の雰囲気が醸し出されていた。それだけに、少し髪型を変えるだけで大きくイメージが変わるのかと驚かされる。

 そう言えば彼女、2年前に同誌の名物企画「へあちぇん!」でOL風の茶髪巻き髪に挑戦していたが、そのときは「やっぱり大人っぽいなぁ」という印象だった。しかし、今回は純粋に「カワイイ!」である。個人的には、今後もこんな「カワイイ系」の彼女を見たいなぁ......と思いました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング