視聴者がく然!『サムライフラメンコ』のあまりの展開にネットは賛否両論!!

おたぽる / 2013年11月22日 23時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『サムライフラメンコ』
第7話「チェンジ・ザ・ワールド」

【今週の極私的見どころ!】
 どうしちゃったの『サムライフラメンコ』!? サブタイトルが示すように、確かに"世界が激変"した!! 最終回はまだまだ先なのに、シリアスすぎて逆に笑ってしまいましたけどね。それと、羽佐間祖父の「悪の殲滅」にかける想いがとにかくすごい!! ただ、想像だにしていなかった......というより、まさかそこまでベタではないだろうと思っていた羽佐間正義(CV:増田俊樹)の生い立ちにはちょっとガッカリ。しかし、その後の展開には予想を覆され、一度テンションが下がったからこそ、再び訪れた高揚感が作品全体を面白く感じさせました。2週連続でいい疾走感です!

【今週のおすすめ度】
★★★★☆

 夜の街を必死の形相で逃げる女性と、その女性を追いかける大柄な男。訪れる惨劇を回避すべく、今日もサムライフラメンコが行く!! ――と思いきや。

男「これ(ハンカチ)、落しましたよ」

 めっちゃイイ人じゃんっ!! そんな"ほっとする展開"に非難の声をあげたのはほかでもない、フラメンコガールズ・ダイヤの真野まり(CV:戸松遙)でした。サムライフラメンコとフラメンコガールズの働きにより、町から犯罪が激減したため、まりはストレスのぶつけどころがなくて大変ご立腹の様子です。隣のビルには羽佐間まで控えていたようですが、彼らに「事件を未然に防ぐ」という考えはないのでしょうか?

 そんなある日、羽佐間は祖父の書いた「サムライフラメンコ物語」の中に、自身の生い立ちに関わる重大な事実を見つけます。羽佐間の脳内では、マッドサイエンティストに扮した祖父によって開発されたヒーロー「サムライフラメンコ」(=羽佐間正義)という設定で、物語が繰り広げられていきます。物語の中で祖父は言いました。

祖父「サムライフラメンコ。最後の戦いの前に、君に告げなければならないことがある」

 祖父は、羽佐間の両親は病気で死んだのではなく、海外で強盗に殺害されたと話します。初めは、羽佐間の祖父が考えたサムライフラメンコの設定なのかと思いましたが、どうやらその話は現実とリンクしているようですね。新聞に記された羽佐間父らしき人物の名前が、羽佐間大輔(祖父の名前)となっているのが気になりますが......。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング