ファンはオンラインとKinectに期待!? “Xbox One発売当日、その時、秋葉原は...“レポート!

おたぽる / 2014年9月4日 20時0分

写真

 Xbox360に続くマイクロソフトの新型家庭用ゲーム機「Xbox One」が、海外より遅れること9カ月余り。本日9月4日より日本国内での販売をスタートした。任天堂のWii U、ソニーのPlayStation4に続く第三の勢力として、アメリカから日本に上陸してきた三代目黒船ことXbox Oneの発売に沸く街の様子を一目目撃しようと、筆者も早朝の秋葉原に上陸! さあ、その模様を括目して見よ!

■静かだが熱気に満ちていたヨドバシカメラ!

 まず向かったのは、秋葉原ヨドバシカメラだ。秋葉原で一番早くXbox Oneを販売するということもあり、開店直前の午前9時過ぎには10人程度のゲームファンが行列を作っていた。先頭に並ぶぬおさん(仮名)に話を伺うと、「ローンチタイトル『タイタンフォール』が楽しみ。Xboxは先代ハード360の時代からオンライン配信に強く、PlayStaion3よりもダウンロードコンテンツの配信が早かったので、Xbox Oneでもオンラインサービスに期待している」とのこと。より早く最新のゲームを楽しみたいゲーマーならではのコメントをくれた。

 開店時間の午前9時30分になると、店員の誘導で列はそのままゲームコーナーで移動。一斉にXbox Oneがレジに並んだ。一番最初にレジから出てきたのは、朝8時30分から並んでいたというすえますさん(仮名)。「ダウンロードコンテンツの『クリムゾンドラゴン』がプレイしたくて購入しました。Kinectタイトルに期待しています。Xbox Oneの目標販売台数は歴代Xboxの売り上げを上回ることらしいので、ほかのゲームメーカーもその意気込みを受けてがんばってもらいたいです」と、Xbox Oneへ強い期待を寄せた。

 その後もXbox Oneを求める人の姿はしばらく後を絶つことはなく、その立ち上がりは静かながらも、確かにゲームファンの心をつかんでいることをうかがわせた。

■Xbox Oneで24時間マラソンイベント実施!

 また、e-sports SQUARE AKIHABARAでは発売前日の9月3日20時よりXbox One発売記念ライブイベント「インサイドXbox ニコワン"24時間ティービー"」が絶賛開催されていた。

 同イベントは、2008年から2012年にかけてXbox 360ハードでのみ視聴が可能だった公式ストリーミング配信番組「インサイドXbox」を期間限定で復活させたもので、話題のゲームや攻略実況などを24時間にわたってニコニコ動画で配信する内容となっている。イベントには、当時番組でMCを務めた森一丁、ローリング内沢、荒木美鈴らがゲストで出演したほか、ドグマ風見、ガッチマンをはじめネットで活躍するゲーム実況主たちも多数参加。会場には、午前から(中には昨晩から)多くのXboxファンが来場。最新ゲームハードの立ち上がりを、出演者とともに楽しんでいる様子だった。

 そのほか、秋葉原の各店舗でもXbox One販売開始キャンペーンが行われたり、大々的なポップが展示されたりしてはいたものの、特に大きな混乱は発生することはなく、全体的に静かな発売初日だったと言える。

 近年、すっかりスマートフォンゲーム市場にゲーム業界の主役を奪われた感のある家庭用ゲーム機市場だが、日本マイクロソフトのインタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャーである泉水敬氏は、先述の「インサイドXbox ニコワン"24時間ティービー"」内で、「一台でも多く売りたい」と国内での売り上げ目標を語った。いまだ家庭用ゲーム機市場に逆風が吹き続ける中、果たしてXbox Oneは日本国内ゲーム市場でどれだけ活躍できるか注目である。
(取材・文/有田俊[シティ・コネクション])

おたぽる

トピックスRSS

ランキング