『トッキュウジャー』の主題歌を歌う、伊勢大貴の初ソロCD『BE A HERO』のインストアイベントに潜入!【インタビューあり】

おたぽる / 2014年9月13日 13時0分

写真

 9月10日、タワーレコード新宿店7Fイベントスペースで、「伊勢大貴『BE A HERO』発売記念イベント」が行なわれた。

 伊勢大貴は『獣電戦隊キョウリュウジャー』の挿入歌を経て、現在放送中の『烈車戦隊トッキュウジャー』の主題歌に抜擢された新鋭のシンガー。また、ミュージカル『テニスの王子様 2ndシーズン』(以下、テニミュ)をはじめ、さまざまな舞台などに出演する俳優としても活躍中だ。

 イベントで伊勢は呼び込まれると、走りながら壇上に上り、アクセル全開で「カミツキ・ブレイブ」を熱唱。イベントに集まったファン約200名に、アルバム発売の喜びを歌声に乗せて伝えた。

 続いて行われたトークパートでは、「子どもの頃からアルバムを出すのが夢だったけど、まさか自分のアルバムのジャケットに自分の顔の絵が出るとは思わなかった(笑)」と笑顔。そして、MCを務めた日本コロムビアのディレクター・井上哲也から「『5王子とさすらいの花嫁~ニコニコニーコ・due~』【編注:2013年に上演された舞台】で初めて伊勢くんを見て、その時、キモオタの役だった。歌もすごかったよね(笑)」と指摘されると、すかさず「その時の歌が『キモくない』って歌で、"♪キ~モく~なんてな~い♪"」と当時の歌を披露し、会場をわかせた。

 さらに伊勢が「あの時、井上さんに見て頂けなかったら、今の僕はない。井上さんがきっかけになって、ファンのみなさんに支えられて、今の僕があります。みなさんに感謝しています」と語ると、会場からは大きな拍手が。また、「カミツキ・ブレイブ」のオーディションについて、伊勢が「合格通知が届いた時、ちょうど横につねくん【編注:テニミュで伊勢と共演した青木玄徳】がいて、今だから言うけど、決まった瞬間に『つねくーーん!!』って抱きつきました(笑)」という"秘話"を明かすと、会場から一際大きな歓声が上がった。

 その後、ささきいさおの「真赤なスカーフ」をイメージしたというセルフプロデュース曲「恋と友情」、「がむしゃらBaby Love」、そして最後に、会場に集まったファンやこれまで支えてくれた人たちへの感謝を込めて「烈車戦隊トッキュウジャー」を熱唱して、イベントを締めくくった。

 そんな伊勢が、イベント後に行なわれた特典お渡し会前に、インタビューに応じてくれた。

――イベント前日(9/9)のブログで"明日は特別な日になる"と語っていましたが、その真意は?

おたぽる

トピックスRSS

ランキング