“アニメ規制論“検証! 『TVタックル』をめぐり過熱した論争を振り返る

おたぽる / 2014年9月18日 21時0分

写真

 放送開始から25年の歴史をもつテレビ朝日系列の情報バラエティ番組『ビートたけしのTVタックル』(以下、『TVタックル』)。毎回さまざまな時事問題をテーマに熱い討論がかわされる『TVタックル』だが、9月1日に放送されたテーマ「ロリコン&暴力 アニメに規制は必要か?」が大きな話題を呼んだ。

"アニメは犯罪を誘発するから規制すべき"という出演者の見解やそれに対する反論などを受け、ネット上でも規制派と反対派が意見をぶつけ合い、放送の翌々日まで『TVタックル』がツイッターのトレンドワードに入るほど議論が活発化。おまけに番組関係者への殺害予告ツイートまで拡散される異例の事態となった。

『TVタックル』の放送内容に向けられたネットユーザーの声は実に多種多様。「オタクに人権はない」「アニオタはキモいから規制されて当然」といった賛成意見もある一方、多くを占めたのが「いかにもステレオタイプなオタク像を用意して"アニメ=有害"と誘導しかねない」番組構成への批判意見だった。

 筆者もこの番組内容、というより"アニメ好き=犯罪者予備軍=規制すべき"といった規制派の主張に違和感をおぼえた1人。そこで今回は放送後にネット上でかわされた議論も踏まえながら、『TVタックル』で唱えられた規制派の主張を改めて検証していきたい。

■本当にアニメは犯罪を誘発しているのか?

 アニメ(に限らずオタク全般)を犯罪者予備軍として扱う時、必ず展開されるのが「暴力シーンや性的シーンを見た人間は、それを現実でも真似しようとする」というもの。この理論について、番組では "これまで1万人以上の犯罪者を見てきた"という東京未来大学こども心理学部の出口保行教授が、心理学でいうところの"モデリング理論"として紹介。規制派はこれを論拠として、「実際に○○事件の犯人はアニメファンで、現実と区別がついていないような供述をしていた」といったケーススタディ(事例研究)的なアプローチをすることが多い。番組に出演した自民党・土屋正忠議員も、実例として2011年の熊本女児殺害事件を挙げつつ、「(犯罪に対するアニメの影響は)現場で取り締まっている人たち の実感なんだ」と強弁していた。一方で、規制反対派のマンガ家・江川達也氏や評論家・岡田斗司夫氏は、アニメが犯罪を誘発するというデータが存在するのであれば、それを提示した上での議論を求めた。

 そこで、まずは下のグラフをご覧いただきたい。グラフは「TVアニメタイトル数」と「小学生以下の強姦被害数」を並置したものだ。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング