「ロッチ事件」の真相に、『ガンダム』との意外なつながりまで!「コスモス・ネヴァー・ダイ 1977-2014」レポート

おたぽる / 2014年9月25日 23時0分

写真

 コスモス 宇宙(そら)を駆け抜けて~♪ と、その昔、戸田恵子が歌っていたけど、その歌詞のまんま80年代を駆け抜けて因果地平に旅立っちゃった企業こそ、株式会社コスモスである。同社は1977年に設立され、自社オリジナルのカプセル自販機やボックス自販機を全国展開することで急成長を遂げた玩具メーカーである。「コスモス」と大きなロゴがプリントされた真っ赤な機械は、一度見たら忘れられないインパクトを放っていた。

 そんなコスモスが販売していたのは、スーパーカー消しゴムやキン消し、チョロQ、ルービックキューブ、芸能人グッズなど、当時の子供たちが欲しくて欲しくてたまらなかった玩具......の"パチモン"をはじめ、溶けかけた将棋のコマ、暗闇の中で発光するうんこ、血痕も生々しい切断された小指......の玩具などなど、なんだかよくわからないジャンクなアレやコレ......。一見、ガラクタに見えるかもしれないが、だがしかし! コスモスは、そんな玩具と一緒に夢と希望をカプセルに詰め込んで販売していたのだ! 少なくともガチャを回す瞬間の僕らの胸は、期待ではち切れんばかりだったはずだ(その期待を粉々に打ち砕いたのもコスモスだけど)。

 そんなコスモスが世に放った「コスモスグッズ」や、当時を知る関係者たちへのインタビュー。さらに門外不出の会社資料など、コスモスとはいったい何者だったのかを詳細に知ることができる奇跡の一冊『素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界―コスモスよ永遠に―』(本書は『愛しのインチキ・ガチャガチャ大全―コスモスの全て―』に続く「コスモス」本第2弾)が、今年7月19日に双葉社より発売された。それを記念してのトークイベント「コスモス・ネヴァー・ダイ 1977-2014」が、9月8日、東京・阿佐ヶ谷ロフトにて開催された。

 登壇したのは屈指のコスモスコレクターであるワッキー貝山氏、ライターの池田浩明氏という著者2名のみならず、今もなお各地に残るコスモスの自販機を回収し、レストアした後、今の玩具を詰めてまわっているというコスモスベンダー社の奈良和広氏、コスモス愛あふれるグッズを制作するデザイナー・ケチャップアーツといったディープな面々。この4人によって、コスモスのヴェールが次々と剥がされていった......!

■ワッキー貝山秘蔵のお宝コスモスグッズが登場!

 会場には、当時のまんまきれいにリペアされたコスモスのカプセル販売機とボックス販売機が鎮座。開演を待ちきれないコスモスファンたちは、次々と硬貨を投入。何年たっても相変わらずしょ~もない玩具を吐き出しまくるコスモスに、誰もが懐かしさと諦念がないまぜとなった笑顔を浮かべていた。「これこれ、これがコスモスなんだよ。」と、井之頭五郎(by『孤独のグルメ』)よろしく心の中でつぶやいたりしているうちにイベントは開幕。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング