ゲーム実況は“グレー“のはず!? 「ネットには書いてない ゲーム実況者になるための本」で抜けていた最も重要な要素とは

おたぽる / 2014年10月5日 13時0分

写真

 9月29日、ゲーマー界隈に衝撃を与えるような本が発売された。その名も「ネットには書いてない ゲーム実況者になるための本」(エンターブレイン)。これを読めば本当に"ゲーム実況者"になれるのだろうか......。だがそれ以前に、ゲーム画面を無許可で使用しているゲーム実況は著作権的に"グレー"だと言われているが、この本はそれを職業のように公認する形で押し出している印象を受ける。果たしてどの様な内容なのか、実際に読んでみよう。

 ページをめくると、人気ゲーム実況者3人の特集だ。総勢8人のチーム『いい大人達』のメンバーとして知られる『ノッチ』や、格闘ゲームの実況で有名な『せんとす』、Minecraft(マインクラフト)動画でブレイクした『茸』といった人気実況者たちが「人気実況チームの屋台骨を支える毒舌系のメカニック」といったキャッチコピーとともに最大限のドヤ&キメ顔をしている。

 読み進めると、各実況者がどの様にゲーム実況に "オリジナリティ"をつけているかを明かしている。さすが人気実況者。手の内をさらけ出すこともいとわないというのか! しかも"3ヵ条"でまとめてあり、分かりやすい。例えば、『ノッチ』の「遊び心を忘れない」「音ズレが起こらないよう機材をチェック」や、『茸』の「遊ぶゲームの性質に合った編集をする」「視聴者のコメントはポジティブに解釈!」などだ。

 また、「実力派実況者のスタイルに学ぼう」といったコーナーもあり、個人から『チームボルト』といったチームまでさまざまな形態の実況者が紹介されている。インタビュー内では、「公式放送並みのクオリティにするため、さまざまな人から意見を聞いて組み立てる企画力」「動画を作る上で指針を決めるなど、予想外のドラマを演出することを心がける」「ゆっくり実況(テキスト読み上げソフトSoftalk系を使い、実況部分をソフトに読み上げさせる。読み上げソフトが"ゆっくり"または"ゆっくりさん"とあだ名で呼ばれているため、このスタイルの実況動画には"ゆっくり実況"の名が付く。)」など、それぞれの持ち味を公開しているため、これは参考になるだろう。

 しかし、このコーナーなどで見られた、実況者を二次元化したイラストは、なぜ"美化"されたものばかりなのか。歌い手にもよく見られるが、これについて疑問を持っている人も多かったりする。

 今度は「目的別オススメ機材特集」。"1万円以内"(プラン総額6725円)、"ハイクオリティ"(プラン総額35176円)と分かれ、機材の写真とともに解説が載っている。IO DATAのビデオキャプチャー『GV-USB2』5300円といった比較的手頃なものから、SKNETのビデオキャプチャー『MonsterX U3.0R』19000円弱という高価な物まであるが......。果たして、そんなに高価なアイテムが必要なのだろうか? 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング