初回からのジェットコースター感に視聴者圧倒! 『ガンダム Gのレコンギスタ』

おたぽる / 2014年10月5日 22時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『ガンダム Gのレコンギスタ』
第1話「謎のモビルスーツ」

【今週の極私的見どころ!】
 今年はガンダムシリーズ35周年のアニバーサリーイヤーということで、「機動戦士ガンダム」シリーズ生みの親である富野由悠季が監督・脚本を手掛ける最新作『ガンダム Gのレコンギスタ』(以下、『Gレコ』)が、満を持して10月よりスタートしました。富野アニメといえば、アクの強い独特のセンスを持つ「富野語」や、セリフではなく作画と編集の力で直感的に物語を理解させる力強い絵コンテなど、富野由悠季にしか生み出せない画作りが特徴であり、テンプレと説明過多な現代アニメのセンスとは真逆をいく、非常に作家性に満ちたものとなっています。しかし、富野監督も御歳72の御老体。おまけに放送直前インタビューでは「子供たちに見て欲しい」とコメントしており、ひょっとしたら一般狙いのマイルドな作品になっているのかも......? 期待させる! この新番組! というわけで、これから毎週『Gレコ』をレビューすると! 僕は!(富野語風味)

【今週のおすすめ度】
★★★★★

 さてまずはオープニングテーマ「BLAZING」からスタート。アバンタイトルやいきなり本編からスタートする昨今のアニメのトレンドなど、どこ吹く風。主役モビルスーツ・G-セルフの雄姿から始まるオープニングテーマは、非常に古典的な印象の演出。一方、曲自体は今風なデジタルポップスな感じです。それにしても映像がほとんど本編の流用ってのがすごい! それでも違和感なく、それっぽく見れるのは総集編映画を何本も作ってきた富野監督ならではの神コンテのなせる業でしょうか。

 かっこいいG-セルフの決めカットで締めるオープニングが終わると、いよいよ本編スタート。いきなりG-セルフが登場。しかも、2種類のモビルスーツに攻撃されています。どうやらこのモビルスーツ部隊は、それぞれG-セルフ鹵獲を目論む2勢力の様子。断片的なセリフとカットでそれとなく視聴者に意識させます。そして、フォトンアーマーと呼ばれる発光する装甲を持つG-セルフは、背面に装着していたパックを排出し、コクピットからは生身の女の子が放り出されます。結果、G-セルフは黒いモビルスーツ部隊に。バックパックと女の子は白いモビルスーツ部隊に回収された様子。女子は涙とよだれをバンバン流して苦しそうです。開幕から2分少々。早くもすさまじいテンポで大量の情報が、視聴者を圧倒します。しかし、このジェットコースター感は脳を刺激しますね。振り落とされないように画面に集中せざるをえません。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング