「私処女なんです」憧れのアイドルの純潔を信じて恋愛スキャンダルに狂ってしまった地下アイドルの悲哀

おたぽる / 2014年10月26日 23時0分

写真

――地下アイドルの"深海"で隙間産業を営む姫乃たまが、ちょっと"耳の痛〜い"業界事情をレポートします。

アイドルに恋愛スキャンダルが発覚した時、熱心なファンほど意外とのんびりしています。アイドルに疎い方なら、ネットの荒れ具合を見ながら、実際の会場で血祭りにあげられているアイドルと、発狂するファンを想像するかもしれません。しかし、これが意外とのんびりしているのです。

 アイドルとファンも、人と人です。ライブに行って応援している間に芽生えるのは、恋心だけではないようです。有名になってほしい、幸せになってほしいなどの願望は、時に恋心を超えます。

 私も実際のアイドル現場を覗くまで、ファンはみんなアイドルと付き合うことが最終目標なのだと思っていました。いま、地下アイドルとして活動していてなんとなく感じているのは、"コアなファンほど私の恋愛に肯定的"だなあということです。反対に、敏感に反応するのは、あまり現場には来ない方やネットでしか接点のない方です。

 知れば知るほど、私が恋愛ひとつできなさそうな売れない地下アイドルだからでしょうか......。

 いやいや、そんなことはありません(と、信じたい)。有名アイドルの恋愛に関してだって、熱心なファンほどのんびりしているのは同じようです。まあ、これが女の子のファンになるとまた少し反応が違ってくるのですが、上述したようにファンである以前に、「人」ですから。年齢や性別に関わらず、恋愛スキャンダルに抱く思いは人それぞれです。

 そして先日、本当に「人それぞれだなあ」と思わずにいられないファンと出会いました。それがアイドル好き地下アイドルです。

 アイドルファンの地下アイドルは多く存在します。彼女もまた、アイドル好きが高じて、自身でもアイドル活動を始めた女の子でした。

 アイドルと可愛い服が好きだった彼女が、何よりもこだわったのが衣装です。アイドルライブに初めて出演する時も、その後の予定が決まっていないにも関わらず、衣装をいちから手作りするという気合の入りようだったのです。

 ところが、ライブではあまりファンがつかず、「狭いライブハウスというかイベントスペース? で、客も少ないのに、衣装だけ豪華なのが惨めになって」小さな撮影会のモデルに登録しました。撮影会なら、小規模でもライブよりは稼ぎが良くて、何より衣装を活用できることに気がついたのです。

 撮影会モデルを始めると、予約はあっという間に埋まりました。......しかし、これが落とし穴だったのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング