「女の子が苦しんでいる顔が大好き」元BiSプロデューサー渡辺淳之介がメチャハイに仕掛ける7つの“試練“とは!

おたぽる / 2014年11月4日 23時30分

写真

11月1日、アイドル業界の"お騒がせ異端児"が、東京・秋葉原に集まった。

 この日、秋葉原Twin Box GARAGEで、アイドルの青山☆聖ハチャメチャハイスクール(メチャハイ)の5thシングル「メチャハイの逆襲~BEYOND THE DARKNESS~」のPV制作会見が行われ、メチャハイのメンバー(白石桃は欠席)と総合プロデューサーの赤虎氏、そして、今回のPV制作を担当する元・BiSのプロデューサー渡辺淳之介氏、BiSのPVを手掛けてきた浅井一仁氏が顔を揃えたのだ。

 BiSと言えば、メンバーが全裸になった「My Ixxx」のPVなど過激なパフォーマンスで一世を風靡したアイドル。残念ながら、BiSは今年の7月に解散してしまったが、その仕掛人である渡辺淳之介氏と浅井一仁氏が、今度はメチャハイのPVを手掛けることになったという。

 今回のPV制作について、2015年1月6日にリリースが決まったニューシングル「メチャハイの逆襲~BEYOND THE DARKNESS~」は、"いろいろな困難"があったが、それを乗り越えて頑張っていこうという曲で、PVでもしっかりとそれを表現したいと意気込む赤虎氏。ちなみにメチャハイのPV制作を、外部のプロデューサーに依頼するのは初めてとのことだ。そんな中、渡辺淳之介氏からは「僕、女の子が苦しんでいる顔や怒っている顔が大好きなんですよね」と意味深な発言が飛ぶ。

 そして、赤虎氏からメンバーに新たなステージへ進んでほしいという思いが込められた"7つの試練"が発表された。試練は、メンバーがそれぞれ1つずつ担当し乗り越えるという。その試練は、次の通りだ。

1.スカイダイビング
2.滝行
3.トランプタワー
4.お化け屋敷
5.登山(40kgほどのおもりを背負う)
6.バッティング(ホームランを打つ)
7.プロレス

もちろん、あくまでもPVの撮影のため、どの試練もメンバーはリップシンク(口パク)をしながら行う。

"トランプタワー"については、「精神が蝕まれていく瞬間を見られる。スタッフは意地悪なので、本当に壊しますよ」と渡辺淳之介氏が笑顔を見せる。"お化け屋敷"については、赤虎氏が「かなりヤバいやつ。お化け屋敷だけど、ガチでお化けがでるところ。見えない敵に立ち向かってもらいます」と生半可なものでないことをアピール。"プロレス"については、「顔だけは攻撃しないようにしますが、プロレスラーとちゃんと戦って一発入れてもらいます」と浅井一仁氏。渡辺淳之介氏も「僕、BiSの時にタイに行ってムエタイの選手に(メンバーの)骨折ってもらおうと思って準備をしていましたが、タイが洪水にあって行けなくなっちゃったんです。やっていたらもっと問題になっていたかと思いますが、それくらい、僕、痛いのが好きなので」と打ち明け、BiSでできなかった悔しさを晴らすかのように、やる気満々だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング