【今週の弱ペダ】第5話~箱根の山道にさ...妖怪ペダル回しが出るって噂知ってるかい?~『弱虫ペダル GRANDE ROAD』腐女子的レビュー

おたぽる / 2014年11月10日 15時0分

写真

「カラオケの鉄人」のペダルコラボ(『弱虫ペダル GRANDE ROAD』×カラオケの鉄人)にて、金城&今泉コースター(※ドリンクを注文すると貰えるオリジナルコースター)を2連続で引き当て、友人から「執念......」と恐れられました。金今厨みきぽです。

 5話の始まりは、部屋の片隅で膝を抱え「明日、ボク、レースには出ぇへん......」と呟く京都伏見高校(以下、京伏)の御堂筋に衝撃を受ける京伏一同から。チームメイトの石垣は焦りながらも、御堂筋をあの手この手で優しく宥めようとします。保母さんか(笑)!

 それでもゼッケンも、IH最終日もいらないと言う御堂筋。それに対し、石垣は「頼む、走ってくれへんか」と勢いよく土下座をします。あれほどためらっていた御堂筋のやり方に、「お前が必要なんや」と本心で言う石垣......。事実、去年のIHはパッとしなかった京伏が3位に入賞、それは間違いなく御堂筋が引っ張ってきた成果。けれどすべてを出し切った末に負けてしまった御堂筋は、もう明日走る理由はないと旅館から去ってしまいました。「自転車部、今日で退部するわ......」と言い残して。

 見送るしかなかった石垣は、今日のレースで御堂筋に"助けられた"ことを思い出します。心から最高のチームだと思ったと。誰か1人にでも負けたら"敗北"と決める御堂筋がいる一方で、3位に入れたことを心から喜ぶ石垣。その頃御堂筋は、コースを逆走し昼間あれほどの激走を見せたゴールを何の気もなくくぐっていました。レースが終わってしまえばただの道。

「何にも残らんレースやったわ......」と思い返し、京都までの400kmを走る御堂筋。その時、後ろから誰かの自転車の音が。しかも何だかどもり気味にテンション高く話しかけたその声は......出たーー!! 妖怪ペダル回し......じゃなくて総北高校(以下、総北)の小野田(笑)!

 引き剥がそうとスピードを上げる御堂筋にぴったり張りつき、恐る恐る話しかける小野田。そこで御堂筋はようやく"総北の量産型じゃないメガネ"と気づきます。オタクである小野田の、この言いたいことだけ先走って後から補足が入るリアルなコミュ障口調!! 無駄な生々しさ(笑)! 基本的に丁寧な言葉遣いに加え、「大きい薬局」じゃなくて「でっかい薬局」という小野田に男子高校生の端くれを感じてちょっぴり胸キュンです。

 ガン無視を決め込む御堂筋に落ち込むも、小野田は思い切って「ひとつ、聞いてもいいかな」と話しかけます。御堂筋は断りますが、小野田はすかさず「ザク、ザクって言ってるけどアニメ好きなの!?」とペダル始まって以来一番の目の輝き(笑)!! 自転車のことでも聞かれるのかと思った御堂筋がポカーンとしていると、出るわ出るわガ○ダムトーク。超早口! 超長文! 超興奮! さっきまでビクビクしてたの誰だよ(笑)!!

おたぽる

トピックスRSS

ランキング