この冬、名門アニメスタジオがパズルゲームで勝負をかける!? トムス・エンタテインメント発表の新作スマホゲーム体験会へ潜入!!

おたぽる / 2014年11月14日 23時30分

写真

『ルパン三世』『弱虫ペダル』など、有名アニメの制作で知られる、株式会社トムス・エンタテインメントが新作スマホゲームを発表した。タイトルは『風パズル 黒猫と白猫の夢見た世界』と『恋パズル 100人のリアル彼氏彼女プロジェクト(仮)』という2本のパズルゲーム。アニメスタジオがオリジナルゲームに進出? とは思うが、スマホなどのゲームアプリは現在さまざまな業界が参入を図っており、アニメスタジオも例外ではない。アニメスタジオの場合、コミックや小説といった外部の原作ではなくスタジオ自身のオリジナルコンテンツを持つことで、映像制作会社のメリットを生かしてシナジー効果を狙った展開が可能となるからだ。

 現在トムス・エンタテインメントは、テレビアニメーション『弱虫ペダル』を制作しており、同作を題材にしたカードバトルゲームアプリ『弱虫ペダル EXCITNG ATTACK』や、オリジナルアイドル育成&リズムアクションゲーム『IDOL‐RISM』を配信中だ。

 これに続く形で今回発表された2つのタイトルは、どちらもパズルゲームの盤面やピースがスクロールするのが特徴的なパズルゲームだ。では早速、先立って行われたメディア向け体験会の模様をレポートしよう。

『風パズル 黒猫と白猫の夢見た世界』は「風」をモチーフにしたパズルゲームで、風の吹く向きにより盤面がスクロールする方向が変わり、風の強さでスクロールのスピードが変化する。基本的なルールは同じ色のパネルをつないで消すという一般的なものだが、その消し方にもさまざまなテクニックがある。ちなみに記者は某有名パズルゲームアプリがなかなか出来ずに挫折したクチだが、こんな腕でも初回からサクサク進めることができ、知らないうちにテクニックを使っていたりと、ファーストプレイゆえのストレスが少なくて初心者にも優しいゲームと感じた。

 また、タイトルにもある「黒猫と白猫」はゲーム中に登場する主人公の猫のこと。簡単なストーリーもあるとのことで、二匹の猫がどのような物語を紡ぐのか、これもまた楽しみだ。

 ちなみに、本作のテーマ曲を作ったのは、まらしぃさん。動画サイトの「弾いてみた」動画で累計再生数1億3000回、トヨタのハイブリッドカー「AQUA」のCMにも起用され、「嵐」のニューアルバムにも参加するというネット発の急上昇アーティストだ。このまらしぃさんが作曲したテーマ曲「風ハ旅スル」(カタカナ部分"ハスル"は"パズル"と掛けているそう)は、11月26日発売のニューアルバム『marasy piano world 』にも収録されるとのことで、こちらも要チェック。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング