【今週の弱ペダ】「第7話」~国道139号線 ヤクザとホモと、時々もっこす~『弱虫ペダル GRANDE ROAD』腐女子的レビュー

おたぽる / 2014年11月26日 0時30分

写真

――今年も腐女子の"トライアスロン"がやってきた! 今夏に最終回を向かえた『Free!-Eternal Summer-』に引き続き(?)アニメ2期となる『弱虫ペダル GRANDE ROAD』が放送開始。そんなことで、今回もやってしまいます!! 『弱虫ペダル 』腐女子的レビュー!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『弱虫ペダル GRANDE ROAD』
ROAD.7「迫る、集団」

先週の放送からうっかり"モブ萌え"に目覚めかけています、みきぽです。

 IH3日目、先頭を目指す総北高校(以下、総北)の今泉は全力で箱根学園(以下、箱学)の新開を追いますが、"箱学のエース"の走りを前にときどき張りつくので精一杯。一方、新開は余裕で福富まで追いつき、福富の肩を叩きます。アイコンタクトで通じ合う夫婦ぶり!! 2人の間に言葉はいらない......中学からのコンビ、走りも"相棒度"も実力を見せつけてくれます(笑)。この慣れてる"密着感"が何だか色っぽくて......新開が、チームみんなのエースをわざわざ「俺たちのエース」と呼ぶところも"エースアシスト"への特別な愛と誇りですね!

 今泉もようやくエースの金城に追いつき前へ。金城がハードワークを終えた今泉を「上出来だ」と褒めると、今泉も超ドヤ顔で「オーダー通り逃がしませんでしたよ!」と嬉しそうな笑顔。エースの期待に応えた今泉、いつの間にか立派な"金城クラスタ"です。やったね、周りは福富を筆頭に強敵だらけだけど!(笑)

 今泉が一息つけたのもつかの間、新開が悠々と隣に並び「ここは先頭、最もゴールに近い場所だ。戦場だよ!」 と忠告をひとつ。チームを待つのも一つの策、けれど"明日のレースがない"今日は、先頭が逃げ切ってそのままゴールすることだってできる。すると箱学は一気にダンシングで加速!! 金城は狼狽えずに「やはり仕掛けるか、福富」と確信し、追いかけます。今泉も「戦えるところ見せろっつーんなら見せてやるよ!」と息も整わないままふたたび加速。唯一の1年生がよく頑張って......(涙)。

「やるねえ今泉クン」と笑う新開に息を切らしながらも「当たり前っす」と吠える今泉。豆腐メンタル(※メンタルが豆腐のように脆いという腐女子用語)すぎて忘れてたけど、今泉って本来こういうキャラだった(笑)。しかし新開は今泉を遊ぶかのように二度目のアタックを仕掛けます。そして根性で再び追いつく今泉を「見事なまでにしつこい」と評すると、今泉は「そいつがうちのチームカラーみたいすから」と挑発。そんな"総北の魂"を継いだ今泉に、金城は静かに笑います。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング