『アオイホノオ』から20年後の大阪芸大生は今?『ロボットガールズZ』監督・博史池畠インタビュー

おたぽる / 2014年11月27日 22時0分

写真

――7月期にテレビ東京で放送されたドラマ『アオイホノオ』のBlu-rayとDVDが、11月19日に発売された。本作は島本和彦さんの同名マンガを原作としているが、"ダイコンフィルム"の制作など、島本さんが大阪芸術大学に在学していた1980年代初頭の時代背景や出来事が盛り込まれた作品として注目を集めている。

 その時代から20年後、とある人物が大阪芸大に在籍していた。後にアニメ『ロボットガールズZ』の監督となる男、博史池畠さんである。今年、その『ロボットガールズZ』でアニメ監督デビューを果たした池畠監督に、改めて自身の在学中の出来事について語ってもらった。

■映画監督を目指して入学のはずが......? SF研究会でアニメの洗礼

池畠「『アオイホノオ』は、その当時と僕がいた時と(大学の)雰囲気が全然変わってないですね。『仮面ライダー』の仮面をカブってる人【註:マンガ版高橋のこと】がいてもおかしくないですし、いたとしても(馴染んでて)みんなスルーしてる感じが。どうやらこの人は大阪芸大の卒業生だったらしいとか、庵野監督よりずっと下の、比較的僕らと近い世代の先輩たちには卒業後に業界で出会ったりしたんですけど(池畠監督が演出で参加した『アクセル・ワールド』の監督・小原正和さん、『生徒会役員共』の監督・金澤洪充さんなど。ちなみに前述の『ロボットガールズZ』のシナリオライターである兵頭一歩さんも大阪芸大出身である)、庵野監督くらいになると遠すぎて伝説的なものでしかないですね。あ、でも南雅彦さんにはボンズで働いてた時にお会いしました。恐れ多くて挨拶するのが精一杯ですけど(笑)。島本さんが大阪芸大の卒業生だったのを知ったのも、大学に入ってしばらくしてからでした。

 それまで(庵野監督の)『新世紀エヴァンゲリオン』とか人並みには見てましたが、『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』など、押井守監督作品とか見て『俺わかってる』的な意識高いオタクみたいなふりをしてたんです。でも大学に入る時はそこまでアニメに興味なくて、むしろ特撮に興味がありました。大阪芸大に入ったのも、映画好きな高校生が『将来映画監督になりたい!』って無謀な夢を思うじゃないですか。そんな感じだったんです。

 大学には学力で入った気がしなくて、AO入試みたいなもんですね。入試の時に4コマの絵コンテみたいなのを渡されて、わりと自分でも『これかなり面白くなった!』って思いました。入ったのは映像学科ですが、1学年150人くらいじゃないですかね。僕は2次試験で入ったので、席次は最後の10人くらいですけど。当時の学科長はイラストレーターの佐々木侃司さん(2005年没)で、酒を飲み過ぎて身体を壊して死にかけてるにもかかわらず、言うことなすこと面白くて大人気でした。途中で退いちゃったんですけど、僕らの中では"心の学科長"です。卒業式の時も『仕事が辛くなったら、皆さんお酒を飲みまくりましょう。飲みまくって身体を壊せば、しばらく仕事をしなくてよくなります』とか、すごいこと言ってたので(笑)」

おたぽる

トピックスRSS

ランキング