【今週の弱ペダ】「第8話」~大天使チャリエルと野獣ガブリエルの出会い~『弱虫ペダル GRANDE ROAD』腐女子的レビュー

おたぽる / 2014年12月1日 21時0分

写真

――今年も腐女子の"トライアスロン"がやってきた! 今夏に最終回を向かえた『Free!-Eternal Summer-』に引き続き(?)アニメ2期となる『弱虫ペダル GRANDE ROAD』が放送開始。そんなことで、今回もやってしまいます!! 『弱虫ペダル 』腐女子的レビュー!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『弱虫ペダル GRANDE ROAD』
ROAD.8「アラキタ」

召されました。みきぽです。

 広島呉南工業高校(以下、呉南)の待宮に切り離され、ようやく利用されたことに気付いた集団。けど、先頭に追い付くため全力を使ったせいでもう追いかける体力がない......希望を失いバラバラなになる集団を見て、小野田は「あの人は雰囲気を悪くする人だ」と気付きます。しかし、先頭に向かって走る待宮はどこ吹く風。非道さをチームメイトの井尾谷にからかわれるも、「希望を他人に預けたりするけぇよ......あれは自業自得よ」と悪い笑顔で、ついに総北・箱学集団へ追いつきます。ところで原作でもアニメでもどんどん美しく伸びる巻ちゃんの髪、邪魔じゃないんでしょうか......(笑)。

 一方、初めて自転車で"悪意"をぶつけられた小野田は、狙われている仲間を思い出し、何が何でも待宮だけは絶対に行かせちゃダメだ! とペダルを踏みます。けれど、自分一人では追いつけない......小野田は覚えたばかりの"協調"を使おうとしますが、待宮に騙され、疲れきった集団に信用してもらえるはずもなく。気持ちだけが焦り、手当たり次第声をかける小野田。その中で、ある一人に鋭い目つきで睨み返され「てめぇ細メガネじゃねーか! 何ガンくれてんだコラァ」と吠えられ......その口の悪さに、ようやく彼が"箱根学園の2番の人"と気付きます。

出会い頭の威嚇に「僕の苦手なタイプだ......」とうなだれる小野田。

 はい、ここで注目! 腐女子界では男が男に「苦手」「嫌い」といったワードを使ったらそれは"フラグ"と判断します!! マイナス、だけど確実に意識している。これはその後キッカケがあれば普通より好きになる可能性があることを示しています。

 怖い、けど待宮をチームに近づけたくない! 小野田は追いつきたい一心で協調を頼みますがあえなく却下。"広島野郎"に二回も出し抜かれて怒り心頭の箱根学園(以下、箱学)の荒北は、小野田を置いて即座に加速。集団の隙間20cmをグイグイ抜けてあっという間に前へ出ます。あ、『アイ○ールド21』を思い出す......(笑)。一度目はスタート前にペースを乱されて集団の動きを想定できなかったこと、二度目はこのタイミングで呉南が出るとは思わなかったこと。荒北が集団コントロールに付くところまで想定して、何重にも罠を仕掛けた待宮の戦略もすごい......。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング