拷問シーンが見どころ!? 緊迫したストーリーが展開された『サムライフラメンコ』の評価は?

おたぽる / 2013年12月6日 23時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『サムライフラメンコ』
第9話「抗えぬノルマ」

【今週の極私的見どころ!】
 キング・トーチャー(CV:速水奨)による拷問。これに尽きる!!

【今週のおすすめ度】
★★★☆☆

 街中で「髪の毛がすべて枝毛になる毒」入りのポケットティッシュを配る怪人・ヤキゴテピラニアが、サムライフラメンコこと羽佐間正義(CV:増田俊樹)の前に立ちはだかります。見事に怪人を負かす羽佐間ですが、毎週出現する怪人に街の人々はすでに無関心。人を殺した犯人グループ(怪人)とはいえ、毎度目の前で爆死していくのに、順応力高すぎない?

 一方、真野まり(CV:戸松遥)は、正義活動を完全放棄。「どうして最近、現場に来ないんだ」と憤る羽佐間に、「(戦闘パターンがマンネリ化してて)やってらんない」と言い切ります。こんな"正義の味方"イヤだ。日に日に不満を募らせていくまりは、ニュースサイトを運営する今野明(CV:三上哲)にインタビュー撮影を依頼して、キング・トーチャーに宣戦布告をします。

 その動画を見た後藤英徳(CV:杉田智和)は、まりを心配するものの、「私は止めて、アイツ(サムライフラメンコ)には協力するの? それってすごく不公平で屈辱」とまりに反発されます。その直後、怪人の出現した現場に遅れて到着した後藤に、羽佐間は「後藤さん彼女(フラメンコダイヤ)をひいきにしているんですね。不公平だな」と責められます。これにはさすがの後藤も我慢の限界!! 警察をやめる覚悟で、サムライフラメンコの担当を降りる決心をします。

 そんな最中、羽佐間のマネージャー・石原澄(CV:中村千絵)は今野から「結婚してくださいませんか?」と熱烈なラブコールを受けます。「私はあなたと仕事以外でお話する気はありません」と怒る石原は、文句を言っている途中で切れた通話に、さらに怒りを募らせます。しかし、場面が変わって現れた今野は、なんとキング・トーチャーに拘束具を付けられ、血まみれでした! 並べられた拷問道具がガチなんですけどっ!? 「拷問はコミュニケーション。君は私に似ている」と言うキング・トーチャー。今野は「人として美しく死ぬか、人でなしとして面白く生きるか」......究極の選択を迫られます。キング・トーチャーはそうとう"キテる男"ですね......前回"小物"なんて言ってすみません!!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング