鳥山明の作品がマンガ界に及ぼした影響は計り知れない!『Dr.スランプ』から『ドラゴンボール』が誕生するまで

おたぽる / 2014年12月25日 3時0分

写真

Kindleでも読める30年前の名作プレイバック 第22回

 ここのところ、スズキの軽自動車「ハスラー」が売れているという。予約してもなかなか買えないと話題になっていた。そんなハスラーのCMに登場したのが、『Dr.スランプ』だった。則巻アラレの声優には、当時のアニメ版でもアラレに声を当てていた小山茉美が起用され、おじさんたちはみな、「懐かしいな~」と当時を思い出したのである。

『Dr.スランプ』は1980年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)でスタートした、鳥山明のマンガだ。
 
 前回の『三つ目がとおる』の名作プレイバック(http://otapol.jp/2014/12/post-2078.html)にも書いた通り、その頃はまだ、うちの実家は「マンガ読むの禁止令」が敷かれていたので、『Dr.スランプ』も読めなかった作品のひとつだった。

 アニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』が始まり、大人気になった頃、やっと数巻まとめて読むことができた。当時、一気に夢中になった。

『Dr.スランプ』を読んだ時に感じた衝撃は、今までのマンガ人生で最大だった。そして、今後も塗り替えられることはないだろうな~と思っている。

 とにかく、何度も何度も読み返したので、実家にあるコミックスは手垢だらけでボロボロだ。それに加えて、30年も経過したため、経年劣化で茶色く変色している。しかし中身は全然古くなっていない。今回Kindle版を読んで、改めてそう思った。

 よく言われることだが、『Dr.スランプ』の一番の魅力はなんと言っても、"絵"である。単純に鳥山明の画力が高いだけではなく、天才的なデフォルメ能力が生きている。

 人物も自動車などの機械類もマンガ的に頭身が変化させられているのだが、そのキャラクターの肝になる部分(例えば、タイヤの溝、戦車のビス、ベルトのバックルなど)はピシッとリアルに描かれている。かわいいだけでも、かっこいいだけでもない、"かっこかわいい"のだ。

 扉絵や表紙でよく描かれる、自動車や戦車などの乗り物にキャラクターたちが乗り込みドライブしているイラストは、パッと見何気ない絵に見えるかもしれないが、キャラクターに合わせて機械もデフォルメし、かつ頭身が違うキャラクターたちを自然に搭乗させている。そう簡単に描けるものではない。

『Dr.スランプ』の扉で描かれる、さまざまなイラストは本当に素晴らしい。マンガ本編とは、画材を変えている作品も多く、絵画作品として1枚1枚見ている間に、あっという間に1日が過ぎてしまう。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング