『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治が描く“未来の携帯電話“アニメ、本日公開!

おたぽる / 2013年12月12日 17時0分

写真

「自ら育つ携帯電話」、「未来が見える携帯電話」、「"未来の携帯電話"アイデア開発」といった研究レポートを展開しているauのWEB上の仮想オープンラボラトリー「au未来研究所(A.U.F.L.)」。本日12月12日16時より、その研究仮説に基づくシュミレーション・アニメドラマが公開された。

 このアニメは『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズや『東のエデン』で知られる神山健治がメガホンをとっている。制作はプロダクションI.G.と、神山が博報堂、博報堂DYメディアパートナーズと共に立ち上げたスティーブンスティーブンによるオリジナル作品。声優陣としては福山潤、佐倉綾音、てらそままさき、佐竹海莉、高木渉、加隈亜衣らが参加している。事前情報では、登場人物の名前と「もうひとつの未来を。」というキャッチコピーのみが公開され、謎のベールに包まれていた。

 日夜進化する携帯電話だが、auの研究成果に基づき神山健治が描く携帯電話の未来とは? 本日公開のシミュレーション・ドラマをお見逃しなく!
(文中、敬称略)

■「au未来研究所(A.U.F.L.)」
http://aufl.kddi.com

おたぽる

トピックスRSS

ランキング