「母親を否定されるのが一番気持ちいい」 『惡の華』の性表現に込められまくっていた押見修造のフェティシズム

おたぽる / 2013年12月14日 12時0分

写真

「(女性から)自分の母親を否定されるのが一番気持ちいいです」

 会場のスクリーンに映ったマンガ『惡の華』の1コマについて、意気揚々とコメントする作者の押見修造。このシーンは、作品のヒロイン・仲村佐和が主人公・春日高男の肩に手を置きながら、行方不明の春日を探す母親をバカにしているところだ。

「母親を否定しながらボディタッチって、もう一番エロいです」

 12月6日、本屋B&Bで開催されたトークイベント「押見修造 個展 ~大人の惡の華は下北で咲く」のワンシーンだ。

 思春期に悩む少年少女に捧げる作品として「青春」について語られることが多かった『惡の華』(講談社)。今回のトークイベントではそんな同作の「大人の性表現」にスポットを当てて押見本人が解説していったのだが、冒頭で挙げたシーンをはじめ、押見の口から語られるのは予想外の性癖とこだわりばかり。

 もともと"思春期と性"がひとつのテーマになっており、「別冊少年マガジン」(同)という比較的若い読者向けの雑誌掲載作ながら、性描写が多めというのは『惡の華』の特徴のひとつだった。まさか母親を否定されるシーンに作者のフェティシズムが込められているとは、会場に詰めかけたファンにとっても驚きだっただろう。

 イベントで明かされた創作秘話は、そんな意外性のあるものばかり。

 たとえば序盤で盛り上がったのは、女の子キャラのボトムに浮き出たVラインだ。もうひとりのヒロイン・佐伯奈々子の体育の授業のときのブルマ姿をスクリーンに映し、Vラインを司会のレーザーポインターと押見の指が執拗になぞってくれた。確かにシワの本数が多いなど、描き込みに気合が見られる。司会を務めていた「週刊少年マガジン」(同)編集部の内田朋宏に「このもっこり感は、もはや男」と言わしめるほどだ。

 だが押見本人にとって女子のVラインは、やはりこだわりのポイントのよう。「ヤングマガジン」連載時に友人から「お前の描くパンツはエロくない」と指摘されたのを機に、Vラインを意識して描くようになったのだという。

 こうした股間の描写への情熱は、『惡の華』中学生編が中心。押見いわく「中学生男子は顔か股間に目が行くもの」だからで、思春期の少年たちの心情をくみ取る表現として描いている。対して高校編のヒロイン・常磐文になると、特に強調されて描かれているのは脚。「高校生になると男子は脚を気にし始めるから」という、押見独特の成長観が反映されている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング