上村莉菜(欅坂46)、渡邉理佐の“ロリ系”プロデュース&織田奈那の寝顔撮りに期待の声

おたぽる / 2019年1月8日 11時0分

写真

 人気アイドルグループ・欅坂46の上村莉菜と長沢菜々香が、12月29日に発売された雑誌「ENTAME」(徳間書店)に登場。誌面では上村がメンバーの衣装プロデュースに意欲的なコメントを残し、ファンの間で実現を期待する声が高まった。

「上村は以前、メンバーの平手友梨奈に自身の私服を着せた姿をブログ投稿したことがあるのですが、ボーイッシュなルックスとガーリー系の服というギャップが反響を呼びました。今回の対談ではその時のことを振り返り、『その分野でファンの方に喜んでもらえることがあればどんどんやってみたいです』と、ファンサービスに乗り気な様子を見せたのです。また、握手会の際、渡邉理佐からフリフリ系の服を貸して欲しいとせがまれたものの、『いざ着ると「やっぱり恥ずかしい」って言ってすぐに着替えちゃうんです』というエピソードを披露したため、『その時の写真は撮ってないの?』『次の握手会では強引に送り出して!』などと、渡邉ファンの鼻息を荒くさせたようですね」(芸能関係者)

 クールキャラとして知られる渡邉なだけに、意外な素顔がファンを驚かせたが、今回の対談では“オダナナ”こと織田奈那についても、ささくれ防止用に爪にオイルを塗っていることや、バッグや部屋の中をキレイに整理整頓するなど、女子力が高いことが明かされ反響を呼んだ。

「織田といえば、冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)ではイケメンキャラで知られるため、この暴露には『営業妨害では?』『ギャップが半端ない』などと驚嘆するファンが続出しました。また、上村と長沢いわく、アルパカのように長いまつ毛とアヒル口が際立つ寝顔が特にかわいいとのことで、『寝顔ハンターの出動を願います!』と要望するファンも少なくありません」(同)

 対談の最後には、「これから欅坂46の可愛い部分ももっと広げていけたらいいなと思います!」と語った上村。個性的な楽曲やパフォーマンスで注目を集めてきたグループの意外な一面を打ち出していくことができるか。プロデューサーとしての手腕に注目集まる。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング