アプリ『グラップラー刃牙 アルティメットチャンピオンシップ』がサービス終了ッッッッ! 「こんなに早く終わるとは」

おたぽる / 2019年1月22日 16時0分

写真

 1月10日にスマートフォン向けアプリ『グラップラー刃牙 アルティメットチャンピオンシップ』が、公式サイトでサービス終了を発表。ユーザーからは「結構やってたゲームなのに残念」と悲しみの声が上がっている。

 同サイトではサービス終了について、「サービス開始以来、多くの皆様にご利用いただきました『グラップラー刃牙 Ultimate Championship』ですが、誠に残念ながら2019年3月14日をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。本アプリをご愛顧いただきました皆様には、厚く御礼申し上げます」と告知。また「終了まで短い期間ではございますが、今後とも『グラップラー刃牙 Ultimate Championship』を宜しくお願いいたします」とも掲載されている。

 同アプリが配信されたのは2017年の8月9日。人気漫画が原作のスマホアプリなのにも関わらず、約1年半でサービス終了を発表することになってしまった。これにSNS上では、「まさかこんなに早く終わるとは」「なんとなく嫌な予感はしてたけど残念」「せっかく花山さんをゲットしたのに……」といった声が。刃牙ファンは悲しみに暮れてしまったようだ。

 同ゲームはシンプルな操作で熱いバトルを楽しめるアプリで、原作の名シーンなども迫力満点に再現。いわゆる“キャラゲー”として評価が高く、「制作陣の原作愛がすごい」「大好きなキャラを操作できるし、バトルが刃牙っぽくて好き」「ストーリーの再現度が高くて、原作ファンにとってはたまらないゲーム」と称賛されている。

 一方で「格闘ゲームとしての面白さを求めるとがっかりするかも。あくまで原作ファンむけ」「ロード画面がちょっと長すぎる気が……」「自分よりはるかに強い相手としかマッチングしない」「ストーリーとかはいいけど、全体的に作業ゲー」「全体的に重い」といった指摘も。ゲーマーの中には不満を持つ人も少なくなかったようだ。

 ちなみに1月18日から1月28日まで「池袋マルイ」の7階イベントスペースでは「バキ原画展」を開催。原作コミックやアニメの原画などが展示される。アプリは終了となってしまうが、『刃牙』シリーズはまだまだ継続中。今後も様々な興奮をファンに届けてくれるだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング