加藤史帆(日向坂46)、河田陽菜へのキス寸前ショットに衝撃走る セクハラの魔の手は乃木坂46にも?

おたぽる / 2019年3月2日 9時30分

写真

2月16日、人気アイドルグループ・日向坂46の“かとし”こと加藤史帆が、後輩の2期生・河田陽菜の頬を両手でがっしり挟んでのキス寸前ショットを自身のブログにアップ。「際どすぎる!」「この後、ホントにしたんじゃないの!?」などとファンに衝撃を与えた。

「2月9日はキャプテンの佐々木久美とともに、昨年11月に加入した3期生・上村ひなのの髪の毛を嗅ぎながら撮ったスリーショットを投稿し、『変態チック(笑)』と反響を呼んだ加藤。今回はターゲットを変えての急接近ショットとなったのですが、加藤の同期の高本彩花が自身のブログにおいて、『最高に可愛い』と絶賛したり、姉グループ・欅坂46の織田奈那が『宇宙一可愛い高2』と称するなど、坂道グループ内で人気の高い河田なだけに、『内紛の火種になるんじゃないか?』『陽菜ちゃんを巡る仁義なき戦いが始まるかもしれない』などとファンをザワつかせたようですね」(芸能関係者)

 しかし、加藤の愛情の矛先は河田だけに留まらず、同じく2期生の渡邉美穂にも及んでいるようだ。渡邉からは以前、ラジオ番組『はんにゃ・金田と欅坂46のゆうがたパラダイス』(NHK-FM)出演時に、「いつも見えないところで必ずお尻を鷲掴みしてくるんです」と報告されたこともあった。

「ライブ中に触ってくると語った渡邉ですが、普段のブログでのツーショット投稿でも、加藤の渡邉に対するアグレッシブな姿勢は確認できます。昨年11月に公演された坂道グループ合同舞台『ザンビ』の共演者たちとの写真をブログにアップした際にも、カメラの方を見向きもせず、乃木坂46の3期生・久保史緒里を後ろから抱きしめ後頭部のニオイを嗅ぐ姿が収められていたため、『セクハラの魔の手は乃木坂にまで及んでいるのか』『恐るべし、かとし!』などと、ファンを驚嘆させたようです」(同)

 そんな加藤は今月13日、女性ファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルに抜擢されたことが発表された。同誌には、乃木坂46の松村沙友理や山下美月、さらに女優業でも活躍する中条あやみが在籍するとあって、日本中の男性が嫉妬する写真がこれまで以上に披露されることになるかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング