『フラクタル』を超えた!? 疑問だらけの最終回に視聴者が阿鼻叫喚『ガリレイドンナ』

おたぽる / 2013年12月20日 19時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『ガリレイドンナ』
第11話(最終回)「ガリレオジャッジ」

【今週の極私的見どころ!】
 最後まで"星月(CV:日高里菜)ちゃんがかわいいだけのアニメ"でしたね! 公式ツイッターが最終話放送前に「個人的な見所は三姉妹の洋服の可愛さです」とつぶやいていましたが、確かにそれくらいしか見どころが思いつきません。公式さん、なかなか正直です。

【今週のオススメ度】
★☆☆☆☆

 前回、インターポール(国際刑事警察機構)に捕らえられトスカーナに連行されたガリレオ3姉妹は、再び投獄されてしまいました。そこへアドニムーンカンパニーの社長・フランチェスコ(CV:松山鷹志)が現れ、「ガリレオテゾロの在処を教えれば釈放してもいい」と取引を持ちかけます。しかし星月はそれを一掃。こうして星月たちは裁判に掛けられることになってしまったのです。

「なかなか強情だよ、君の娘たちは」フランチェスコは記憶喪失になった3姉妹の母・シルヴィア(CV:桑島法子)を従えて、余裕の表情を見せていました。

 裁判で星月たちを弁護してくれるのは、常にカタカタと震えているヨボヨボのおじさん弁護士。この人で大丈夫!? いや、だめでしょう......。ですが弁護士のカバンから出てきたのは、6枚の"月のスケッチ"。なぜここに!? このおじいさん弁護士、怪しい......!

 翌日、ついに星月たちの裁判が始まりました。あれ!? 傍聴席に神月(CV:大久保瑠美)の想い人の姿も......!?

 警察署からの脱走、建物の破壊など、星月たちの罪を畳み掛けるように論じるアドニムーン側。さらに、メタンハイドレートの強奪といった、星月たちが犯していない罪までもが証拠として捏造されていました。完全に不利な状況となった星月たち。そんなとき、おじいさん弁護士のカバンから重要な書類が出てきたのです!

「裁判長! 証拠品の提出をさせていただきます!」

 そう言って葉月(CV:真堂圭)が読み上げたその書類には、各地で燃料資源の強奪に使われている破壊兵器アザ・アイアンがアドニムーンカンパニー所有のものだとはっきり記されていました。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング