全方向死角なし! 腐女子たちを狙い撃ちしたアニメ『Free!』に“京アニの本気“を見る

おたぽる / 2013年12月22日 22時0分

写真

──アニメ見ても、少年マンガを読んでも、海外ドラマを見ても! 「もう世の中全部がBLにしか見えない」腐女子ライターによる、腐女子のための、コンテンツの"愛し方"。

 2013年も、あとちょっと! 腐女子的に今年ブレイクしたアニメといえば、7月から9月にかけて放送された『Free!』(TOKYO MXほか)ではないだろうか。

 本作は、海辺の町・岩鳶町に住む高校生の七瀬遙とライバルである松岡凛を中心に、男子高校生たちが水泳を通して仲間との絆を深めていく青春ストーリーだ。京都アニメーション(京アニ)作品としては異色である、"女性向け"ということで放送前から期待大だったが、いざ放送されたら「やばい......媚びてるなんて下品なもんじゃない......狙い撃ちされてる......!」と、京アニの本気に戦慄したビッグタイトルだ。

【好きなメンズが必ず見つかる、バランスのいいキャラ設定】
『Free!』のミリョクは、なんといってもキャラクター。ちょっと不思議系のクールな七瀬遙、遙と幼なじみで優しいお母さん系である橘真琴、元気いっぱいなショタッ子の葉月渚、理論派メガネの竜ヶ崎怜、ツンデレギザ歯の松岡凛......とカバーできていない属性はいないというほど、バランスのいいキャラクターたち。このキャラクターたちが水着で青春するんだから、たぎらないわけがない。

 特に、私的には橘真琴に激きゅん。真琴は主人公の幼なじみという重要ポジションなのに、6話まで空気。まぁでも、"ヒーローは遅れてやってくる"というセオリー通り、6話からマジ輝きだすから! 6話で過去のトラウマを暴露し「やだ......その笑顔の裏に、そんな過去が......? それでも笑う真琴って、マジ天使なんじゃね?」と視聴者のハートを射抜いて、さらに、自身のトラウマを顧みず、部員を助けに向かう自己犠牲の姿に「あ、天使。これ天使確定」とフルオート射撃でハートを蜂の巣に! そして海で溺れ、MJ5(マジで人工呼吸される5秒前)。圧倒的ヒロイン力で視聴者にとどめを刺す! たった30分! たった30分の放送で真琴のミリョクをこれだけ詰め込む京アニさんは、たいしたもんですわ。

 もちろん、私は真琴推しなので真琴のミリョクを泡吹いて白目むきながら語っているものの、それぞれのキャラの見せ場はちゃんとあるので、ぜひ、読者のみなさんにも好きなキャラを見つけてほしい。京アニの美麗な作画と、腐女子狙い撃ちの脚本で、きっと満足いく描き方をされてるはず!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング