綾瀬はるか、バストを強調したヒロイン姿にファン興奮 池田エライザとの“共演”に期待も

おたぽる / 2019年4月3日 11時0分

写真

 3月18日、綾瀬はるか、池田エライザ、菅田将暉が出演するコカ・コーラの新テレビCM『コカ・コーラ テレビの時間はコーク』篇が、3月25日から放映開始となり、アメコミの実写化映画風の劇中劇でヒロイン役を演じる綾瀬のセクシーな衣装姿に注目が集まった。

「このCMは、3人がソファに腰掛けて映画を楽しむ部屋のドアが突然開き、テレビ画面の中にいた綾瀬演じるヒロインが登場、というユニークな構成になっています。この劇中劇で着用したボディースーツが、カラダのラインがくっきり浮き出るデザインのため、綾瀬の豊満なバストが強調され、『エロい』『衣装さん、グッジョブ!』などとファンは興奮。赤髪のウイッグをかぶった姿も新鮮かつかわいらしく、CMのシリーズ化を望む声が早くも殺到しているようです」(芸能関係者)

 また、綾瀬はワイヤーアクションに初挑戦し、華麗な動きを披露。本格的なアクション映画の制作を要望するファンもいるようだ。

「ビルの屋上からジャンプする映像を撮るため、その場で約1.5mジャンプしてからそのまま5メートルほど前進、というワイヤーアクションにチャレンジした綾瀬。その撮影時のメイキング映像がネット上で公開されているのですが、両手を広げて飛び上がった時のフォームは美しく、休憩時の表情は楽しげで余裕すら感じさせるため、『30秒そこそこのCMだけではもったいない』と、ファンの間では長編映画での本格アクションを期待する声が飛び交っているようですね。

 また、今回の劇中劇では何者かに監禁されてヒロインに助けを求める役を演じた池田も、綾瀬に負けず劣らずのプロポーションの持ち主として知られているため、『次は一緒にボディースーツを着てアクションに挑戦して欲しい』との声が寄せられたようです」(同)

 綾瀬は、2016年から18年まで3期にわたり放送されたドラマ『大河ファンタジー 「精霊の守り人」』(NHK総合)では短槍を用いた殺陣を、17年放送のドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)では格闘シーンを見事に演じ絶賛された。その一方で、イベントなどでは天然な言動を連発。そのギャップでますますファンを虜にしていくことだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング