桃井はるこ緊急インタビュー!ヲタなら見逃せない大晦日開催 「アニソンキング」の魅力を熱弁!!

おたぽる / 2013年12月27日 22時0分

桃井 そう、ヤマト式敬礼をね、リハーサルではやってなかったんですけど、ふっ、とやっちゃったんですよ。

――えっ、アドリブだったんですか!?

桃井 リハーサルのときは"本物のささきいさおさんだ"と感激に震えてそれどころではなかったんですけれども、でも本番になったら体が勝手に動いてしまいました(笑)。

――ついつい体が動いてしまう感覚はわかります(笑)。観客としても、アニソンはライブでも熱唱してしまいますから。

桃井 わたしの思っているアニソンキングは、ふつうに音楽として楽しいということと、いっしょに歌えるということが素敵だな、と。わたしはいつも、初めて聴いても(曲の)二番から盛り上がれる曲をつくろうと思っているんですけれども、アニソンキングは、若いお客さんが生まれる前の曲でも生バンドが演奏して歌にも迫力があって楽しいと思うんです。ひとつのコンサートとしてフラットに楽しめるものなんじゃないかと思いました。アニソンは昔は軍歌調だったと思うんですが、NoBさんや影山ヒロノブさんの世代でHR/HMに変化して、今があると思っているので。みんながいっしょに歌うのがアニソンの原点だとしたら、これは大晦日にぴったりじゃないでしょうか。それがわたしの、アニソンの好きなところです。今年のアニソンキングも、そんなイベントになったらいいですね。

小野澤 今年は各セクションごとに対決の要素を強めているんですよ。そこで、桃井さんにはNoBさんと対戦していただこうかと。

――おお、すごい! アキバレンジャー対ゴセイジャーですね。

桃井 ひえ~! それは......がんばります。わたしも一曲(『アキバレンジャー』)は山形ユキオさんとMoJoさんがいてくださいますから。

小野澤 前回、桃井さんは2曲の出番が離れていたんですけど、今年は2曲続けてMOMO-iワールドをつくってもらおうかなと。ちなみにもう一曲は『LOVE.EXE -momo-i quality version-』で、NoBさんは『ペガサス幻想』です。

桃井 そっか、楽しみだなぁ~。『LOVE.EXE』は、アニソンクラブイベントでもアンセム的に扱っていただいているんですよ。盛り上げないと。

小野澤 ぼくらが意識している"渋谷辺りの紅と白の番組"もいい雰囲気の時間帯ですから、力を入れまして。カウントダウン後の大トリであるキャプテン対決を除くと、カウントダウン前のトリのひとつ前で。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング