桃井はるこ緊急インタビュー!ヲタなら見逃せない大晦日開催 「アニソンキング」の魅力を熱弁!!

おたぽる / 2013年12月27日 22時0分

――クライマックスじゃないですか。いちばんおいしいところですよ。

桃井 マジですか、がんばります!

宮腰 今年の衣装もカジュアルに?

桃井 そうですね。動きやすいやつを、と思って用意してあるんですけど、今ハッ! と気づきまして......『LOVE.EXE』と『アキバレンジャー』で替えようと思っていたんですよね(笑)、どうしよう。でもフィナーレもありますもんね。そこで衣装替えをしてもよいかも。

――セットリストをずらっと眺めていくと、いとうかなこさんのお名前があり、『Steins;Gate』(以下、『シュタゲ』)の楽曲を歌うことになっているんですが、『シュタゲ』には桃井さんも出演されていますよね。

桃井 はい、フェイリス・ニャンニャン役で。

――フェイリスと秋葉原のエピソードは、桃井さんと秋葉原の関係を彷彿とさせるところがあり、観るひとが観ると涙ものだと思うんですね【編注:『シュタゲ』では、フェイリスの活動が"萌え"などの秋葉原の気風を形作ったというエピソードがある】。ということを踏まえて、桃井さんにとって秋葉原とはどのような存在なんでしょうか?

桃井 うーん......秋葉原はね、わたしにとって幼なじみのような存在なわけです。最初はイケてなかったんです、アキバくんて。わたしの周りの友だちも"どうして秋葉原なんて行くの?=なんでアキバくんとばっか遊んでんの?"みたいな感じだったんですけれども、そのうちにアキバくんがだんだんTVに出るようになって、注目を集めてきて。わたしは"なによアキバくん、調子に乗っちゃってさ"みたいになるときもあったんですね。だけど初恋のひとなので、わたしはずっとアキバくんのことが忘れられない。そういうやつです。ギャルゲー的に言うと(笑)。幼なじみ属性なんですよ、きっと!

――そうすると、秋葉原が桃井さんを好きなのも自然な流れという。

桃井 ツンデレですよね、アキバくんは。手に入ったような気でいるけど、そんなことはない(笑)。でも、元祖アキバの女王と言っていただけるのはすごくうれしい。

――そもそも秋葉原との出会いはなんだったんですか?

桃井 それこそアニソンのCDを買いに行っていたんです。いまのように通販で手に入る時代ではなく、とりあえず石丸電気かヤマギワに行けばあったので。そこ以外の選択肢だとWAVEか新星堂の大きい店舗になるんですけど、秋葉原のほうが圧倒的に品揃えがよかったんですね。なぜかというと、メジャーレーベルの注文書にあるものは必ず1枚はとるという方針だったんですって。予約しそびれたときに秋葉原に行けば、取り寄せで2週間待たずに済んだので重宝しました。割引券ももらえるし。だから秋葉原のお店に自分のCDが初めて並んだときはうれしかったですね。イベント担当の店員さんとも顔なじみになっていたので、秋葉原に自分のCDの発売記念イベントで行くと"なんでいるの?""よかったねー"みたいに言われて。いま秋葉原がアイドルの街と言われているのが、すごく不思議なんです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング