遠藤さくら(乃木坂46)、白石麻衣から「スタイル良すぎ」と絶賛 齋藤飛鳥との共演に驚きの声も

おたぽる / 2019年7月10日 7時0分

写真

人気アイドルグループ・乃木坂46の“まいやん”こと白石麻衣が撮影した4期生の遠藤さくらのオフショットが、6月28日に発売された週刊誌「FRIDAY」(講談社)の連載企画『乃木撮』に掲載。テーブルに上半身をもたれさせ、カメラ目線で微笑む遠藤の姿に、「彼女感のあるかわいい写真が撮れた」と白石はコメント。「まいやんが撮ったということも含めてレア」「センス抜群!」などと、遠藤ファンから感謝と称賛の声が相次いだ。

「メンバーが楽屋で写真を撮影し、コメント付きで紹介する同コーナーですが、白石がカメラを担当すること自体が稀であり、なおかつ毎回掲載されるのは12カットのみという縛りがある中、昨年11月に加入したばかりの遠藤にワンショットのスペースが与えられたことにファンは驚き歓喜したようですね。グループの絶対的エースともいえる白石が、『キラキラオーラを放つ原石美少女』とのコメントを残していることもあり、『これでさくらちゃんの未来は約束されたも同然』『後継者に指名ってことかな?』などと、ファンは盛り上がりをみせたようです」(芸能関係者)

 白石から「スタイル良すぎる!」と絶賛された遠藤だが、これに関しては昨年12月、ライブ配信サービス『SHOWROOM』上の帯番組『のぎおび⊿』に出演した、1期生の秋元真夏も「背が高いし顔が小っちゃい」と褒め称えたため、「美少女軍団の中でも目立つスタイルってどんだけなの?」と、注目度が増している。

「小さな顔にスラリとした肢体と、恵まれたスタイルに加入時から『ファッション誌の専属モデル候補』と評する声が集まっていました。さらに、今年4月に発売された『週刊少年マガジン』(講談社)のグラビアや、カップヌードル『和ラー』のPR動画での共演によって、“アイドル界イチ小顔”とウワサの1期生・齋藤飛鳥と並んでも遜色ないことが発覚したため、『運営はとてつもない逸材を手に入れた』『センター抜擢も時間の問題かな』などと、ファンの期待は高まるばかりのようです」(同)

 白石からは「純粋で優しい子」と、ビジュアルだけでなく性格も太鼓判を押された遠藤。次世代エースとして今後の成長が楽しみだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング