“ビッチ““処女“と言葉が飛び交う!アイドルアニメの新機軸を打ち出した劇場版『Wake Up, Girls!』

おたぽる / 2014年1月11日 10時0分

写真

――毎週、何がしかのアニメ映画が公開されている現代日本。これだけ放映本数が多いと、全部見るのは至難の業......。そんな悩める現代オタクのために、「おたぽる」が送るアニメ映画レビュー! ※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■劇場版『Wake Up, Girls!七人のアイドル』

【本作のオススメ度】
★★★★☆

【極私的オススメポイント】
 ラストの「タチアガレ!」ライブシーンは一見の価値有り! 『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』、『THE IDOLM@STER』(以下、『アイマス』)などの音楽を手がけてきた神前暁氏の秀逸な楽曲に合わせて、7人が動く動く。すべて手書きで7000枚のセル画を使っているというから驚きです。そんな究極の作画で見せてくれたのは、なんとパンチラ。しかもチラっていうか、思いっきり見えてる。なんかもうディティールまでわかる。これは反則です......。ごちそうさまでした。さらにこのダンスシーン、声優陣のリアルな踊りの癖も完璧に再現しているとか......。今後もこの作品のキモとなる2次元と3次元のシンクロに期待!
 
 そして筆者のような仙台ファン(?)には嬉しい情景描写のリアルさ。仙台駅前のペデストリアンデッキ(実は規模が日本一大きい)、青葉山公園から望む町並みなどが忠実に再現されています。まるで仙台に居るかのような感覚に、それだけで胸がじんとしてしまったり。『かんなぎ』でも舞台にした山本寛監督(以下、ヤマカン)が最も愛する街のひとつ・仙台に、ついつい行きたくなってしまうはず。さあ、聖地巡礼の準備はOK?
 
 ちなみに筆者は大人っぽさと巨乳が魅力の菊間夏夜(CV:奥野香耶)ちゃん推しです!

※※※※※※※※※

 時は2013年7月──国民的アイドルグループ「AKB48」......ならぬ「I-1(アイワン)クラブ」が大活躍する、アイドル戦国時代。そんな中、仙台の弱小芸能事務所「グリーンリーヴス・エンタテインメント」は経営難に陥っていました。そこで社長の丹下順子(CV:日髙のり子)は、「アイドルは金になる!」と思いつき、仙台発の新たなアイドルグループを売りだすことに。社長に言われるがまま、駆け出しマネージャーの松田耕平(CV:浅沼晋太郎)はアイドルの卵探しに奔走します。

 そして開催したオーディションに集まったのは、6人の女の子。ごく普通の女子高生の林田藍里(CV:永野愛理)や民謡が得意な片山実波(CV:田中美海)、芸能経験豊富な七瀬佳乃(CV:青山吉能)など、キャラクター性もモチベーションもまちまちな彼女たちでしたが、とりあえずは「Wake Up, Girls!」(愛称:WUG!/ワグ)という名のグループ名を結成! しかしこのネーミング、事務所近くのラブホの名前から取った模様......! 社長、適当すぎます......。
 
 ダンスレッスンやボイストレーニングに励む6人でしたが、社長と松田は彼女たちには何かが足りないと感じていました。そう、6人の中にはセンターとなり得る存在がいなかったのです。そんなこと言ったら6人がかわいそう! と思いましたが、彼女たち自身もそう感じている様子で......。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング