“アニメ戦国曜日“はどれを見る?新作深夜アニメ怒涛の第1話全レビュー!!【9日木曜編】

おたぽる / 2014年1月12日 23時50分

写真

 大大好評! 2014年放映開始のアニメ1話を総レビューしてオススメ作品をコンセルジュする「深夜アニメ 闇夜の千本ノック」!! 今回はもう大変な怒涛の本数が押し寄せる9日木曜編をお送りします!

【9日(木)放送開始の深夜アニメ】

■『未確認で進行形』
第1話「何事も最初が肝心です」

「まんが4コマぱれっと」連載の荒井チェリーの4コマを原作に藤原佳幸監督、アニメーション制作・動画工房でアニメ化。女子高生・夜ノ森小紅は16歳の誕生日に自分の許婚と呼ばれる無口な若者・三峰白夜とその妹・真白に出会い、同居することに。小紅の姉・紅緒が加わり、奇妙な共同生活が始まるのだった。

 今期の中ではまったり日常系に属する作品か。一日の終りにのんびりと視聴してそのまま眠るにはちょうどいい作風なのですが、TOKYO MXでの放映時間は22時台なのでリアルタイムで試聴するとちょっと時間が早いかもしれません。

 シリーズ構成と脚本を担当するのが『AIR』『Kanon』『CLANNAD』といった一連のKey作品のアニメに携わった志茂文彦さんなので、女の子の細やかな感情を描く展開に期待できそう。藤原佳幸監督は、アニメーター出身で3、4年前まで原画メインで活動されていた方で『みなみけ』作画監督や『ゆるゆり』原画などを担当。テン年代に入ってからは作画と演出、双方の活動を始め『GJ部』で初監督に。今回の抜擢はまさに適材といえるのでは? とはいえ、激しいアクションやドラマチックな展開のある内容ではないので、こういう作風に合わない人には30分が退屈に感じるだろうと思われます。

【こんな作品のファンにもオススメ】
『のんのんびより』『きんいろモザイク』


■『銀の匙 Silver Spoon(第2期) 』 
第1話「八軒、副部長になる」

「週刊少年サンデー」連載の荒川弘の原作マンガを、出合小都美監督とA-1 Picturesによってアニメ化。13年7月から放映された1期からの続編となる。不本意ながらも大蝦夷農業高等学校(略称エゾノー)に入学した八軒勇吾は、進学校出身であるコンプレックスや他の生徒の目指す将来の夢とのギャップに悩みながらも全寮制のエゾノーで高校生活を送る。やがて友人たちとの交流を通じて、徐々に八軒も変わりはじめてゆく。

 1期で監督・音響監督を務めた伊藤智彦氏に変わり、副監督だった出合小都美氏が監督昇格となった第2シーズン。夏休みが明けた所からストーリーが始まる。なんというか、フジの『ノイタミナ』枠が開始された時に謳われていた「OLが深夜帰宅して一息ついてテレビを付けた時に見たくなるような深夜アニメ」のコンセプトに回帰したような作品。フジファブリックによるオープニング曲もシャレオツ感倍増。ただ原作マンガに何も足さず何も引かず忠実に映像化してゆく作風ともいえるので、マンガを越える感銘が生まれるかどうか? がポイントでしょうか。この進み方だとエゾノー祭あたりがクライマックスになりそうですが......。それとやはり週刊少年誌に連載のマンガ原作なので、ゴールデンタイムでも放送でよかったのでは。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング