『鬼灯の冷徹』の攻めたパロネタに期待!新作深夜アニメ怒涛の第1話全レビュー!!【10日金曜編】

おたぽる / 2014年1月14日 7時0分

写真

 大好評! 2014年放映開始のアニメ1話を総レビューしてオススメ作品をコンセルジュする「深夜アニメ 闇夜の千本ノック」!! 今回は 10日金曜編をお送りします!  ※放送日などは全国ネット及びTOKYO MXに準拠します。

【10日(金)放送開始の深夜アニメ】

■『のうりん』
第1話「厨脳ラブストーリー」

 GA文庫刊、白鳥士郎原作のライトノベルを大沼心監督とアニメーション制作SILVER LINK.によってテレビアニメ化。「のうりん」の略称で呼ばれる岐阜県立田茂農林高等学校。そこに通う畑耕作は、クラスメイトの過真鳥継・中沢農・良田胡蝶ら2年A組の仲良しグループともに愉快な日々を過ごしていた。が、大ファンのアイドル・草壁ゆかの引退報道を聞き大ショック。しかし時を同じくして草壁ゆかにそっくりの転校生・木下林檎がのうりんにやって来たのだった。

 期せずして『銀の匙』同様、実在する農林高校をモデルにしている本作。ですが、こちらはドタバタ学園恋愛コメディの趣であって、農業専門知識の勉強になる様子はない模様。GA文庫からアニメ化される作品は『這いよれ! ニャル子さん』にせよ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』にせよ、ほぼ必ず漫画・アニメ・特撮・ゲームなどからのパロディを積極的に取り入れる傾向があるのですが、本作もかなりのやりたい放題な印象。アバンタイトルからして 田村ゆかりさん演じるアイドル草壁ゆかのライブシーンから始まって王国民大勝利! な感じ(しかし会場のステージのCGはかなりよく出来ていたと思います)。MCトークもかなりそれっぽいセリフ回しでした。

 ほかにも他アニメネタと思しきギャグがチラホラと。担任のアラフォーの戸次菜摘(べっき なつみ、愛称はベッキー)先生に『ぱにぽにだっしゅ!』の斎藤千和さんをキャスティングするあたりは確信犯でしょう。しかしながら、舞台となる美濃加茂市は市を挙げて『のうりん』をバックアップする姿勢をしてしています。アニメ化する以前から地元鉄道で原作ラノベとタイアップするポスターを作ったり、昨年には「宇宙最速上映会in岐阜」と銘打った地元先行上映会も行っています。聖地巡礼による地元の観光効果を期待しているようですが、ハイテンションギャグと深夜アニメらしいエロ描写も多々見られるこの作品。鬼が出るか蛇が出るか?

 余談ですが岐阜県はなぜかアニメ作品の舞台に設定される事が多いようで、本作をはじめ、『ひぐらしのなく頃に』シリーズ、『氷菓』、『星空へ架かる橋』 『僕は友達が少ない』シリーズ、『恋愛ラボ』、先日アニメ化が発表されたばかりの『僕らはみんな河合荘』......などが岐阜県内各地の市町村をがモデルとされているようです。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング