河北麻友子&桐谷美玲、まるで双子なスレンダーボディに羨望の眼差し “幸せ太り”報告の三浦翔平に嫉妬の声

おたぽる / 2019年9月7日 6時0分

写真

 女優でモデルの河北麻友子と桐谷美玲が、8月28日発売の女性誌「anan」(マガジンハウス)に登場。ワンピースドレスを着用し寄り添う姿に、「恐ろしいぐらいスレンダー」「どうしたら、そんなに痩せるの!?」などと、読者から羨望の眼差しが集まった。

 同誌では今号、『相性の化学反応』と題した特集を掲載。ファンの間で“みれまゆ”コンビとして知られる河北と桐谷は、“友達”のカテゴリーで仲良しの秘訣について語った。

「共通の友人に紹介され、連絡先の交換をしてから3日後に2人きりで行ったディズニーランドでは、桐谷いわく『アトラクションに3時間並んでも、全然平気』だったと、マシンガントークが尽きず相性バッチリの2人。お互いに性格が似ているだけでなく、足のサイズ以外は身長も体重も一緒とのこと。『まるで双子みたい』『食べたものがどこへ消えるのか教えてほしい』などと、ムダな脂肪知らずのスレンダーボディを羨む女性の声も、ネット上では目立ちました」(芸能関係者)

 昨年7月に結婚を発表して以降も桐谷がスタイルを保つ一方、夫で俳優の三浦翔平はビジュアルが一変してしまった様子。先月18日に自身のInstagramにボクシングのリング上で佇む写真をアップし、「太りすぎた」と報告した際には、ネット上で「幸せ太り?」と指摘する声が相次いだ。

「この時の写真では長袖のトレーニング着で顔の半分まで隠していましたが、25日に投稿したカットソー着用ショットなどを見る限りでは、確かに以前よりも全体的に丸みを帯びた印象を受けます。桐谷は独身時代から手料理の写真をInstagramにアップしては、その腕前を絶賛されていましたが、それが三浦の体型を変化させてしまったのかもしれませんね。桐谷ファンからは、『こんなに羨ましい太り方ってある?』と嫉妬の声が噴出しているようです」(同)

 三浦はイケメン俳優枠で人気を得てきただけに、仕事が激減しないためにも、桐谷は今後、夫の体重コントロールを考慮していく必要があるかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング