乃木坂46、“お兄ちゃん目線”ライブ写真集リリース&卒業生との対決企画実施に期待高まる

おたぽる / 2019年9月28日 6時0分

写真

 15日深夜に放送された、人気アイドルグループ・乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、“公式お兄ちゃん”のバナナマン(設楽統&日村勇紀)が、先日行われた東京・明治神宮野球場でのライブにカメラマンとして潜入した際のVTRを紹介。2人合わせて6,000枚以上も撮影したという写真が次々と披露されたことで、「番組で紹介するだけではもったいない」「1冊にまとめて発売してくれませんか?」などと、ファンからはリクエストの声があがった。

「慣れないカメラを用いたため、日村いわく、『6,000枚中5,800枚くらいは、たぶんピンが合ってない』と苦戦したようですが、それでも笑顔を浮かべながら近寄ってくるメンバーの自然体な姿を捉えられるのは、公式お兄ちゃんのバナナマンならでは。ピントが合った写真の中には彼らしか撮れないショットも多く、特に設楽が撮影した遠藤さくら&齋藤飛鳥のエース2人によるライブ限定ユニットのパフォーマンス時には、ライトをバックにキレイにシルエットになった写真には、視聴者からは絶賛の声が集まったようです」(芸能関係者)

 このライブで卒業した1期生・桜井玲香は、この日の番組の最後にバナナマンから特別編集されたライブ写真集をプレゼントされ、視聴者へのラストメッセージを残したが、今後も番組に参加する意欲を見せたため、盛り上がるファンが続出した。

「ファンへの別れのメッセージを言い終えた桜井は、『卒業生ってもう出ない?』と漏らし、『卒業生の出る回をね、もうやってもいいと思うね』と設楽がフォロー。これに対して桜井が、『なんなら何か対決的な。(卒業生が)勝ったら2週分、何かやるみたいな』と、乗り気な様子を見せたためにファンは歓喜したようです。特に昨年から1期生の卒業が相次ぎ、ファンは戦々恐々とする状況が続いているため、この復帰プランが実現すれば完全にグループから離れるわけではないと、少しは安心感が抱ける状況となるかもしれませんね」(同)

 2011年のグループ結成時に在籍した36名中、現在も残っているのは11名と寂しくなってしまったが、対決企画の実施によって番組がさらに活気づくことを期待したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング