二階堂ふみ、“合法ロリ巨乳”長澤茉里奈を激写にファン歓喜も、「自分の写真集リリースは?」の声

おたぽる / 2019年10月2日 6時0分

写真

 9月20日、人気グラビアアイドル・長澤茉里奈が11月15日にリリース予定の写真集の撮影を、女優の二階堂ふみが務めたことが発表された。あわせて胸元がガッツリ開いた衣装を着用した先行カットや2人が抱き合うオフショットが公開され、「これは期待しかない」「ふみちゃん、もはやプロのカメラマン級の活躍ぶり」などと、それぞれのファンを喜ばせた。

「来年前期に放送予定のNHK朝の連続テレビ小説『エール』のヒロイン役に抜擢されるなど、女優として大活躍中の二階堂ですが、その豊かな感性をカメラマンとしても発揮。昨年4月にモデルのモトーラ世理奈を被写体とした作品を出版してデビューし、同年6月には音楽ユニット・水曜日のカンパネラのコムアイ、今月27日には元E-girlsの藤井萩花あらため萩花のセクシーな姿を収めた作品をリリースし、話題を集めました[掲載日によって時制注意]。今回、モデルを務めた長澤は、現在23歳とは思えぬ童顔&Fカップの豊満バストから“合法ロリ巨乳”と称され人気を獲得していますが、香港を舞台にランジェリーショットや入浴シーンがあるとのことで、ファンの期待は高まるばかりのようです」(芸能関係者)

 二階堂の手腕に注目が集まるところだが、自身も負けず劣らず豊満なバストの持ち主として知られるだけに、セルフプロデュース作品のリリースを期待する声も集まっている。

「二階堂は、昨年2月に公開された主演映画『リバーズ・エッジ』で、激しい濡れ場を演じ、バストトップを披露。以前から隠れ巨乳のウワサがありましたが、ただ大きいだけでなくカタチも美しいと絶賛されました。また、今月13日から公開されたR15指定の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』内でも大胆なシーンに挑戦していますが、美しいボディと表現力は申し分ないだけに、自身が被写体となった写真集の発売を要望する声も多く寄せられているようです」(同)

 同映画内で艶のある演技を披露する一方、今年2月に公開された映画『翔んで埼玉』ではコミカルな演技が話題に。その振れ幅の広さで今後もファンを楽しませてくれるに違いない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング