「ホントの意味で芸能人になりたい!」ひめキュンフルーツ缶一番のしっかり者・結里亜の思い

おたぽる / 2014年1月18日 12時10分

写真

――昨今のアイドルブームもあり、たくさんのアイドルが生まれ続けています。「ブームだから」だけで語られがちなアイドルですが、そのスタイルや考え方は千差万別。そこで、この連載では、"アイドル自身が考えるアイドルとはなんなのか?" を語ってもらい、アイドルの神髄を探っていきましょう。放送作家エドボルがアイドルたちと共に今、あえて世に問う!「アイドルなめてませんか?」

■第4回 ひめキュンフルーツ缶/菊原結里亜編

 第4回に登場いただくのは、前回に引き続き、「ひめキュンフルーツ缶」より菊原結里亜さん。ひめキュン内では最年少なれど、一番のしっかり者と言われる彼女。子どもっぽさと大人びた表情が混在する彼女が語る、ひめキュンとは? アイドルとは?

――穂乃花さんの流れを受けての、インタビューでございます。

結里亜 ちょっとやりづらいですね(笑)。

――あ、横で顔がゼロになってる方が。

結里亜 ちょっと! ちゃんと聞いてる?

穂乃花 あはは......。

結里亜 ダメですね。

――(笑)。こうやって結里亜さんにソロでお話を伺うの初めてなんですが、個人的に、初期から一番印象が変わった人なんですよ。

結里亜 おっ!

――年齢的にも一番下ですし、正直、初めてお会いしたデビュー当初は子どもだと思っていたので。

結里亜 中1でしたからね。

140118_ainame_02.jpg

――もう4年ですよ。一番多感な時期を、ひめキュンで駆け抜けたわけじゃないですか。

結里亜 そうですね。

――見た目ももちろんなんですが、中身も相当変わったかな? って気がするんですよ。

結里亜 変わりましたね。

――インタビューをさせてもらっても、いつも一番後ろに下がってるイメージがあったんですけど、今では、「結里亜さんに話を振っておこう」って感じになりましたからね。4年間って、やっぱり大きかったですか?

結里亜 4年あると、やっぱり成長しますね。1年でも変わりますから。前は、できるだけ内に(閉じこもる)って感じだったんですけど、最近は「やらなきゃ!」って思いが強いです。前は、私が一番下だしって気持ちがあって、誰かがやってくれるかなと思ってたんですよ。インタビューでも、話を振られることもなかったですし。

――そうですよね。以前メンバーが多かった時代は、全員に話を振ることが難しかったですしね。でも、5人になってからも、最初は......。

結里亜 そうですよね。リーダー(谷尾桜子)やセンターのまいまい(岡本真依)に振られがちでしたからね。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング