「一話完結で見やすい」と、中毒者を増やす『スペース☆ダンディ』今後の課題は?

おたぽる / 2014年1月20日 8時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『スペース☆ダンディ』
第3話 「騙し騙される事もあるじゃんよ」

【今週の極私的見どころ!】
 やっぱり岡村靖幸さんのOPテーマ「ビバナミダ」は名曲! OPでは、ポップなダンスナンバーがビビッドな映像と相まって、期待感が高まります!! あとは本編が面白くなってくれれば言うことなしなんですが......。。

【今週のオススメ度】
★★☆☆☆

「不認可」「不認可です」「不認可」......。

 すげなく申請を却下し続ける宇宙人登録センターの検査員・スカーレット(CV:桑島法子)。宇宙人ハンターのダンディ(CV:諏訪部順一)は、そんな彼女の元へ変装させたミャウ(CV:吉野裕行)を"未確認の宇宙人"として連れていくも、あえなく看破されてしまいます。

 結局今回も報酬金は手に入らず、相変わらずスカンピンのダンディ一行。アロハオエ号に戻った一行に掃除機ロボット・QT(CV:佐武宇綺[9nine])が供したのは、見るからにまずそうな宇宙食......。なんでも宇宙の果てにあるギャラクシー通販で取り寄せた宇宙食だそうですが、1万光年先から届けられたため、軒並み賞味期限切れの毒物と化していました。

 我慢ならんとダンディはブービーズに行くことを決意。お金はなくとも満タンのポイントカードを携え、いざブービーズへ! しかし、ポイントカードの期限は本日まで。ポイントカードが失効する前に大急ぎでワープを試みますが、焦りの余りワープボタンを連打! すると、警告画面が一昔前のブラクラ並に出現して、ワープホールに飲み込まれてしまいます。

 ハチャメチャなワープの末、たどり着いたのは荒野が広がる惑星。それでもダンディは、「この惑星にも隠れ家的ブービーズがあるかもしれない」と探索を開始します。そこへ、キモい宇宙人・ラーギ星人に追われ助けを求める女の子・マミタス(CV:竹達彩奈)が登場! たわわに実る豊満なバストが眩しい!! 「くぱぁ」と割れた口から触手が飛び出すラーギ星人に、ネットでは「卑猥な宇宙人だなぁ」との声が。ちなみにこの宇宙人デザインは、イラストレーター・寺田克也さんによるもの。相変わらず豪華なクリエーター陣です。ともあれ、なんとかキモ宇宙人たちから逃げ出した一行。ダンディとミャウは、ボンキュッボンでキュートなマミタスに、デレデレとなってしまいます。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング